落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

facebookの威力と社交性について

Facebookってすごいね。

Facebookのすごいところその①
先日の日記にも登場したThumb Upの田中せんせのfacebookに、私たちがお庭をいじっている後姿の写真がアップされる→その当日「このご夫婦知ってます!うちのお店もやってほしい!」という嬉しいコメントを、近所のcaféのオーナーさんが書き込んで下さる→田中せんせがその日のうちに仲を取り持って下さる→翌日caféに打ち合わせに!→その翌日、寄せ植えたち納品!

こんな出会いをいただけるなんて、本当にありがたいことです。

Facebookのすごいところ、その②。
Caféのオーナーさんと打ち合わせた翌朝早くに、2人でcaféの外観とか環境の確認に出掛ける→すると毎朝歩いていらっしゃるおばさまが、「田中先生のfacebook見ましたよ」と唐突に声を掛けて下さる→「ええっ?」と腰を抜かす2人→「後姿みて、あ、毎朝あそこやってるご夫婦だってすぐ分かりましたよっ」とのこと。
ていうか、田中せんせスゴイ。

あたしもFacebookやってるっちゃやってるけど、「お友達になりましょう」と言われるときしかアクセスしないし、ブロックとかかけてるし。社交性に著しく欠けます。
でもブログやってるしね。しかもこんなにあけすけに日常さらけ出してるし。
だけどブログはほとんど一方通行で発信するだけだからさ、やっぱキャッチボールって感じじゃないよね。

社交性って話になると、8年程前まで、夫はああ見えて鎖国状態だったそうな。
いろいろ楽しくやってたんだけど、ベクトルが外に向いておらず、当時は気付かなかったけれど今思えば結構閉じていたんだそうな。

で、そんなある日、突然ペリーが黒船にのってやってきて(これが8年前の私との結婚を意味するらしい)で、無理やり開国することになったらしい。

それからというもの、彼はワイドにオープンしてる。セブンイレブン的に。
横にいるあたくしはその無防備さにヒヤヒヤすること多し。

そこいくと私なんかずっと開いてるし・・・って思ってたけど、ここにきて、実は私は部分的にしかオープンしてないんじゃなかろうか?という話が浮上。

「お前、平戸で南蛮貿易やってるんだよ。ポルトガルとか明とかにしか開いてないわけよ。ああ、だから九州出身なんだなあ。そういう流れかあ・・・」と妙に納得する夫。

だからさあ、違う文化を抱えて一つ屋根の下で暮らしているのね。我々。

そんなことを、蒲田のガード下で、キンキンに冷えた生ビールと焼き鳥をつまみ、しめに釜飯なんか注文しちゃって話し込むあたくしたち。
もうおっさんだよ。ああそうだよ。はっきし言って。

だけどここのお店、美味しいんだよ。蒲田のバーボンロード(知ってる?)のど真ん中にあるの。去年あたり改装して小洒落ちゃったけど、考えてみれば10年くらい通ってる。


帰り道のバーボンロード。
d0264762_22335786.jpg

この夜は多摩川沿いに家路に向かう途中、横浜と鶴見と二子玉川の花火が一度に見れて、きゃあきゃあ言いながら帰りました。

[PR]
by yukodododo | 2012-08-21 22:41
<< Cafeのお花たち 花火大会 >>


カテゴリ
植物

workshop

以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちいさな口約束
at 2015-08-17 19:08
紐育リポート②
at 2015-07-30 18:11
紐育レポート①
at 2015-07-29 12:52
色気のある人
at 2015-04-28 12:20
自転車操業?!
at 2015-04-27 18:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧