落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

Happy Valentine's Day!

昨日はバレンタインデーだったから、若い人たちは大変だったんだろうとお察しする。
特に学生の時のバレンタインデーとか、頭がおかしくなるくらいに片思いしてる時のバレンタインデーってのはもう大変だった。
思い出すと死にたくなるような恥ずかしいことをたくさんしてきてしまった。
ただでさえおかしいのに、人を好きになると(それが片思いであればあるほど)おかしいことたくさんしちゃうのね。はあ。若いってしんどいね。

私はお菓子を作る才能と興味に著しく欠けるので、(世の中には私が無理して作らなくとも、美味しいチョコレートがたくさんある)自分が食べたいチョコレートを買うことにしています。

今年のチョコレート。
d0264762_23565638.jpg

この鍵で、
d0264762_23572289.jpg
ハートを開く!
d0264762_2358071.jpg
ああ、みんな頭見てないで!首に手ぬぐい巻いてるし。
開いた!
d0264762_2359335.jpg
この入れ物も全部食べれるし、美味しいし、遊び心満載。こういうの好き。
暗号文のカード付き。愛の解読は難しいのだ。
d0264762_072862.jpg


これは本当は父に選んだのだけど、夫にも同じものを買ったのでした。
こうやって元気な父にあと何回バレンタインデーのチョコを贈ることができるのかなあ・・・と思うと、娘は父の帰宅時間頃にチョコレートを持って実家の周りをうろうろするのでした。

同じ日の夜、地元の友達がうちのポストに手作りチョコレートいれてくれていた。
Cute!
d0264762_031831.jpg
うれしいなあ。

ポストに投函と言えば、忘れもしない中3の時、目の焦点が合わなくなるほど好きな人がいて、その人の家のポストにチョコレートと手紙を投函したことがある。
同じクラスにどう間違っても恋愛関係に陥ることのない男友達がいて(あだなは「じいさん」)、そのじいさんに恋愛相談をしていたあたし。

で、バレンタインデーの日に、私の好きな人の家までじいさんは連れて行ってくれて(なぜかじいさんの自転車に二人乗りして)、チョコレートを投函するのをつきあってくれた。
懐かしいなあ、おい。

ずいぶん時間が経ってから分かったんだけど、私の好きな人は私のチョコレートと手紙を見つけるまで1か月くらいかかったんだそうな。
なんちゅうポストやねん。
d0264762_0877.jpg

[PR]
by yukodododo | 2013-02-16 00:12
<< pure white けんか >>