落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

面白い恋人

面白い恋人がいたらすごく楽しいと思う。

夫は私と結婚するときに、義母に「お嫁さんになる人はどんな人なの?」と聞かれ、
ただ一言、「面白い子だよ」と答えたらしい。

なんてロマンスに欠けた形容。もっとあるだろうが、え??
どこの独身女性が「面白い人」と相手の母親に紹介されて喜ぶのか教えてほしい。

ところで例の北海道の「白い恋人」が大阪の「面白い恋人」を商標権で訴えていた訴訟は和解が成立したんだね。

それを受けて、昨日のNHKクローズアップ現代では、「パロディは文化?それとも違法?」と題して、「パロディの境界線を巡る議論を取材。笑いをどこまで許容できるのか、日本社会の“懐の深さ”を探る」という内容だった。

興味深いやん。

パロディ裁判「白い恋人」VS「面白い恋人」で双方の言い分や、パロディと盗作がどう違うのか?とか、パロディは文化だ!というフランスの話しとか、日本と欧米のパロディの違いなんかに焦点をあてていた。

そういう文化としての議論は難しくて、そういえば最近島根だかどこかのダビデ像に下着をはかせて!と住民からの苦情が殺到しているとニュースでやってた。(なんでも子供の教育上よくないとか、美観上の問題云々とか)。だけど下着をはいたダビデ像ってどうよ。
うちのマンションにもいきなりヴィーナス像がエントランスに立っていて、私はもうこれは一種の犯罪と思ってる。いらんやろ?ヴィーナス。

で、話を戻すと、
結論として、「パロディが許されるかどうかは著作権を持つ人の気分次第」で(たしかに)、さらに、「みんな人のパロディは好きなんだけど、自分の作品のパロディは好きじゃないっていう人も多く、そのあたりが難しい。」などなど。難しいところです。

そんなことも知らない夫が今日帰ってきたら、「今日はおみやげがありますよ~。」と会社で配られたお菓子をくれた。あなたすごい偶然よ!
d0264762_2214037.jpg

なにはともあれ、「面白い恋人」はびっくりするほど美味しくなかった。
おいおい吉本、なんやねんこれ。
d0264762_222584.jpg
あかんで、ほんま!

[PR]
by yukodododo | 2013-02-20 22:46
<< 2月のworkshop ひろちゃん >>


カテゴリ
植物

workshop

以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちいさな口約束
at 2015-08-17 19:08
紐育リポート②
at 2015-07-30 18:11
紐育レポート①
at 2015-07-29 12:52
色気のある人
at 2015-04-28 12:20
自転車操業?!
at 2015-04-27 18:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧