落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

植物のお医者さん

今年は本当に暑いよね。

あたしらもこれだけ暑いんだから、植物も「今年の夏はしんどいなあ、おい」とか言ってると思う。
だから、毎朝2人で文字通り「朝メシ前に」下の花壇に降りて行って、こちょこちょ小一時間なにかやってます。
たっぷり水やったり、枯れた葉っぱや花がらをこまめに摘んだり、雑草を抜いたり、蒸れないようにばっさり剪定したり、間引いたり、虫退治したり、なにかしら日々やることがあるのが庭仕事です。

それから病院の花壇もそうだけど、院内にある観葉植物のパトロールもしています。
この時期はクーラー直撃で葉っぱが痛んでいたり、乾燥したり、暑い日差しをガラス越しにまともに受けて弱ってる植物もいるからさ。

内科のフロアにいたパキラさん。あたしが甲状腺で血液検査していた部屋の隅っこで死にそうになっていたのが目に入り、家に連れて帰りました。
d0264762_19103744.jpg

土がやばかった。
d0264762_1911743.jpg
そして半分以上枯れていたところをばっさり切りました。根っこの状態を確認しながら、優しく優しく、お姫様を扱うように時間をかけて洗いました。(ええ、夫が。)
d0264762_19115060.jpg

そして栄養のあるたっぷりの土に植え替えましたよ。(ええ、夫が。)
今はちんちくりんでも、もう数か月したら元気な葉っぱが生えてくるんです。
d0264762_19122076.jpg

パキラって本当に丈夫で、中国では「発財樹」っていうくらい縁起の良いもの扱いされているそうです。そういやあきえさん、あなたたしか英語でパキラをmoney treeというって教えてくれたよね。
うちのパキラも先月バッサリ一度剪定しました。形を整えようとしてます。
d0264762_19143074.jpg

そしたら今はまたこんなに元気に大きくなってます。
d0264762_19163362.jpg

カフェの寄せ植えも連れて帰ってきましたよ。
d0264762_19182737.jpg

まず雑草を根っこから全部抜きまして、余分な栄養が花以外にいかないようにします。
d0264762_1919257.jpg

その後、枯れてるところを切って、かちこちに堅くなってる土をスコップで耕やかすのよ。
田んぼを耕すように。堅くなった心をほぐすように。優しくね。
こうすると土の中に酸素がよく通って、根っこもはりやすくなって、どんどん根っこから水や養分を吸収できるようになるから、変に肥料とかあげるよりも、よっぽど植物には嬉しいことなのです。(と、義母が教えてくれた)
それで苗と苗の間隔を十分に広げて、根っこの状態を確認しながら植え替えてみたよ。
d0264762_19201179.jpg

数週間うちで養生して、お花がたくさん咲いて来たら、またカフェに帰してあげるからね~。
それまでうちの寄せ植え鉢を無料レンタル中!あのカフェにはやっぱり元気なお花が似合うもんな。
こういうサービスも今後オプションでつけるといいかもね。

鉢ものを育てるにあたり、「適切な水やり」ってのが一番実は難しかったりするよね。水をやりすぎたりして何度枯らしたことか。
季節や温度、湿度、日の当たりかたや、風の通り、各植物の必要水分量もそれぞれだし、それをつかむまではやっぱり多少の失敗もしちゃうよね。

2年くらい前に夫がよく「植物のお医者さんをやりたいよね」って言ってたことを今になって思い出した。
あと、鉢を素敵なものに変えたり、剪定を施して、「おたくのその植物の見栄え、ぐっとよくします!」とかね。
じゃんじゃん売るのもいいけれど、こういうサービスもいいかも。ふむふむ。

[PR]
by yukodododo | 2013-08-21 19:56 | 植物
<< 真夏の夜と佐藤さん。 あれから9年っ >>