落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

greening

自虐的なことを言うようですが(決してそういうつもりはなく、淡々とした事実として)、
現在の私はヒマがたくさんあると思います。

えっと、だからといって決してヒマちんではないのですが、これまで生きてきた自分の人生の中で、一番ヒマを作れるという不思議な人生のポイントにいるなあと自覚して生きています。
そして(人と比べることは概して意味のないことだけど)、同世代の(男女問わず)友達たちと比べても、かなり今の私はヒマを作れるという貴重な時間軸の上に生きているようです。

子育てをするわけでもなく、会社勤めをしているわけでもなく、動物の世話をするわけでもなく、親の介護をするわけでもなく、毎日夫のお弁当を作るとかそういうこともしていません。(文章にすると非常に恥ずかしいです。じゃあお前は毎日何をやって生きているんだ?)

そうするとですね、気付いたんだけど、「今の私」と時間枠とかライフスタイルがぴったり合うのは、なんと60歳以降(70や80代だと尚合う)のリタイアメントしている人々なのです。
これってどうなんだろうか?

だからといって、もちろんこんな生活が素晴らしい!と言っているわけではもちろん、もちろんありません。
それに、私の人生がこのままずっとこのペースで死ぬまで行くというわけでは決してないわけです。私の勝手な推測によると、きっと10年後の方が忙しくしていると思うのです。

人生って人それぞれだから、普通この時期にこうしてるよねという「普通」ってレールから既に「完全に」外れた感はあるけれど、どんな人生もみんな自分で選んできたことが繋がって今があるんだと思う。
だから悔やんでもいないし、さりとて誇りにも思ってないけれど、でも日々忙しく仕事に出掛ける夫を見てると、「すまない」とかを超えて、自分の生活を不思議に思ってます。

まあ、私は私で今できること、やるべきことを見極めてひとつひとつやるだけなんだけど。
この「見極め」ながら生きていくっていうのは難しい。

そして、私にとっての見極めの一つがGreening なんて最近よく聞くけれど、なんというか緑化活動がその一つだと思っています。

70年代にNYなんかで「グリーンゲリラ」と呼ばれる組織で若者が荒れた土地を植物で再生させていった話しや、アリス・ウォーターズさんの食を通じた菜園作りとか、ベニシアさんとか、その他いろいろあるけれど、そういう人の活動をとても興味深く、尊敬しながら読んだり見たりしています。

最近日本ではずいぶん若い人たちもこういうコンセプトでお店を持っている人が多いなあと思います。
先週、前から気になっていたSOLSO FARMに行ってきました。
彼らは都内のオシャレな場所(白金とか表参道、自由が丘なんかのお店)でグリーンのディレクションやスタイリングを担当している人たちなんだけど、そのオフィス兼農園、在庫置き場みたいな場所が「いい感じ」になってきたから週末だけ解放しはじめたそうな。ここのコンセプトは、「人と植物の距離をできるだけ近くすること」。ふむふむ。

「グリーンをただ鑑賞するだけでなくて感じてもらう場所にしたかった。植物を育てると聞くと身構えてしまう人も多いと思うけど、庭やベランダはアウトドアリビング。つまりもうひとつの部屋だと思う。」と。彼が提案したいのが、「アーバン・ガーデニング。東京では夜遅くまで働いている人も多いし、住宅環境も制約がある。だから手のかからない植物やおしゃれなインテリアに合うガーデニンググッズを選ぶなど、ライフスタイルに合った関わり方をするのがいい。なによりも大切なのは楽しいこと。心地よいこと。たとえ小さくても緑が身近にあることによって毎日が豊かになることを伝えていきたい。」とのこと。いいやん、いいやん。すごくいいやん。

で、行ってみたんだけど、もちろん悪くないんだけど、もっと広々としててゆったりくつろげる場所かなあ?と思っていたので、そういう意味では正直期待外れでした。
でもコンセプトはすごく共感できて、いろんなヒントをいただきました。
d0264762_1175463.jpg
d0264762_118432.jpg
d0264762_119364.jpg
彼らのオフィスにはこんなのも。感じ入るものがあるじゃあありませんか。深いです。
d0264762_11103265.jpg
トイレの取っ手がキュート!こういう遊び心、毎日の生活に大切。そう思わん?
d0264762_1111639.jpg

そんな流れで、先月8月から半年間、川崎市が主催する「花と緑のまちづくり」という講座を受講し始めました。
やはりそこには60代以上の人がほとんど。多分ほとんどが70代ではないでしょうか?
座学もあるけれど、いろんな現場見学、実践、グループディスカッション、企画発表、論文の宿題も出ます。
市の主催するものだからとなめてたら(なめてたんかい)、その道で活躍されている方の貴重なお話も聞けたりして、内容も悪くないのです。今のところ。

うちの散らかったベランダももうひとつのリビングルームとして機能させませう。
d0264762_11155325.jpg
d0264762_11162854.jpg
風に吹かれてマジ寝のげんたろ。ガッツリ寝てはった。いい夢見ろよ。
d0264762_1115229.jpg

[PR]
by yukodododo | 2013-09-05 11:36 | 植物
<< 夏の終わりの花壇 2013 引き算 >>


カテゴリ
植物

workshop

以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちいさな口約束
at 2015-08-17 19:08
紐育リポート②
at 2015-07-30 18:11
紐育レポート①
at 2015-07-29 12:52
色気のある人
at 2015-04-28 12:20
自転車操業?!
at 2015-04-27 18:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧