落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

倫敦リポート④ ノーブル VS パンク

渡英前に、「ノーブルなイギリスとパンクなイギリスがどう街や人に混在しているのかをこの目で見たい!」と言ったけど、それがどうだったかということについて。

まず私が話しをしたイギリス人の多くの人(特に男性)は、礼儀正しかった。
なるほどこれが「ジェントルマン」というものかと思いました。
彼らは、私が薄汚いジーンズ姿にリュックサックを背負っていようとも、「madam(マダム)」と呼んでくださいました。

イギリスのビジネスマンたちのスーツ姿は見てて楽しかった。
特に熟年層の着こなしが素敵で、あの「こなれ感」に色気を感じました。
d0264762_2085868.jpg

自分の体の寸法に合っているものをお召しで、でもきゅうくつでない感じ。
洋服に着られてない感じというかなんというか。
そこに私はイギリスの長い洋服の歴史と品位を感じたのでした。

余談ですが、イタリアに行ったときも、おじさまたちのシャツとかスーツ姿をセクシーだなあと思って写真をたくさん撮った覚えがあります。
「年上好き」という私の好みを差し引いても、あの清潔感というか品、「抜け感」がですねえ、やはりセクシーだと言わざるを得ないでしょう。
あたしなんかに言われたかないだろうけど、同じヨーロッパでも、こういった気持ちをドイツのおじさんたちには全く感じませんでしたねえ。

女性も然りで、そういう国は年輩の女性もやはりセクシーでおしゃれなのでした。
ロンドンの大人の女性はアシンメトリーなショートとかベリーショートとかとにかくかっこいい人が多くて感激しました。
日本でセクシーな60代って難しいねえ。
でも個人的に青山とか表参道には、日本人でもドキッとするような年輩の方をお見かけする頻度が高い気がします。特に駅から離れた界隈で。
目指せセクシー!ゆーこがんばる。

ヴィクトリア&アルバート博物館は絶対行きたいと思っていたから行きました。

こんな歴史ある美術館の入り口にパンクな女子たちが!
d0264762_20103677.jpg
みんなそれぞれが個性的で、ふと日本でティーンの女子がこれくらいの数いたら、もっとみんな似たような恰好や髪型してるんだろうなと思った。そう思わん?
まさにノーブルとパンクが混在していた場所でした。

ノーブルといえばバッキンガム宮殿。
d0264762_2017671.jpg

エリザベス女王がこの中にお住まいなのねえ。
d0264762_20155282.jpg

いわゆる衛兵交代式(バッキンガム宮殿を護衛する衛兵とセント・ジェームズ宮殿を護衛する衛兵が交代する儀式)を見に行きました。
d0264762_20175865.jpg
d0264762_20313489.jpg
d0264762_20183911.jpg

だけどこの警備のおじさんが色気を漂わせながら渋く仕事してたのがえらく気になったわ。
d0264762_20283039.jpg
あとは、Harrods(ハロッズ)のデパートは洒落で行って、本気で恐れ入りました。
言わずとしれたハロッズは王室御用達で英国の象徴的存在で、1849年創業の老舗デパート。
王室から愛されたこの百貨店は、近年そのロイヤルワラントを失うまで、馬車でバッキンガム宮殿まで品物を運び続けたというから驚きます。だけどハロッズが買収され、その買収先の子息と故プリンセスダイアナの交通事故の一件で、王室とハロッズに亀裂が生じ、ロイヤル・ワラントは解消されたそうです。
王室御用達でなくともサービスの質は常に向上。「在庫にないものなら世界中から調達」の精神というから頭が下がります。
従業員の方も一流ホテルのスタッフのような佇まいと、オーラをがんがんに放っていて、私は自分の身の丈相応でないと痛感し、逃げるように出ていきました。
今思うとせめてあのフードフロアくらいはきちんと見て来ればよかったと後悔しています。

こんなジョーク?もイギリスっぽいな~。くすっと笑っちゃう。
d0264762_20302424.jpg

言わずと知れたBig Ben! ウェストミンスター宮殿に付属する時計台。
d0264762_2033748.jpg
タワーブリッジ!
d0264762_20332555.jpg
そしてロンドン・アイ!
d0264762_20341178.jpg
d0264762_20343493.jpg
テムズ川のリバーサイドを歩いていると、ロンドンのランドマークがいろいろ見えてきました。

そんな街なかにいる人々。
d0264762_20395981.jpg
d0264762_20403995.jpg
d0264762_2041511.jpg
d0264762_20413979.jpg
d0264762_20422369.jpg

泊まったホテルのすぐそばにあった駅。
d0264762_20351826.jpg

d0264762_20354081.jpg
ロンドンのタクシー。雰囲気あるよねえ。昔はこの色しか走ってなかったと夫が言ってたけど本当かな?
d0264762_2036272.jpg

2000年のミレニアムを挟んでオリンピックもあったし、新しく近代的な建物もたくさんできてきて、「進化しているロンドン」と言われているけれど、私はそれが古い歴史的な建物と調和しているとは全然思わなかった。
どの本にも伝統とモダンの見事な融合とか書いてあるけど、やっぱりロンドンには古い建物が似合うよと思いうのは私だけでしょうか。

ということで、ロンドンの街を毎日歩きながら、ノーブルもパンクもひしひしと感じました。

話しは変わるけれど、白洲次郎さんってすごいなあって今更ながら思います。
戦前にっていうか1920年代にイギリスにいたわけでしょ?その頃にあんなかっこいい日本人っていなかったでしょうね。

[PR]
by yukodododo | 2013-10-09 22:16 |
<< なかよし 倫敦リポート③ イギリス料理は... >>