落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

本日の徒然

今日は早朝より市場へ繰り出しました。
良いしめ縄を仕入れることができ、朝の光に輝く夫の頭を確認しました。
幸先いいやん。

その足で麻布十番で朝ごはん。
そしたら、地味なおじさんと外国人がちらほら見える小さな広場?が目に入る。
朝から何してる?と、その猛烈な怪しさに惹かれ歩いて行く。
d0264762_18441686.jpg

そしたら『麻布十番蚤の市』というものらしくてちょっと楽しかった。
染みだらけだったけど、なんともいえない色柄の昔の着物を500円で買う。

野暮用を済まし、市ヶ谷のCafé Katyさんにちょこっと顔を出す。
いつ行っても間違いのないオーナーご夫妻のお人柄とコーヒーの味!是非行ってみて下さい。美味しいのにコストパフォーマンスも素晴らしいの。

見よ、この笑顔。とっても善良な人たちです。(今のところ)
d0264762_18463557.jpg

外堀通りに面した外観はこんな感じ。
d0264762_18473872.jpg

本日は素敵なワークショップが開催されてましてた。
d0264762_18475588.jpg

京都を拠点に活動されているこの先生は、今やパリのサンタンヌ通りの雑貨屋さん
" Cadeau-ya"で手作りの和小物“まんまるさん”を販売されていらっしゃったり、
本日発売の「花時間」に彼女のコサージュが紹介されているというご活躍ぶり。
嗚呼、なんと素晴らしい人生を送っていらっしゃるのでしょう。

先日パリに行った時に、この" Cadeau-ya"を訪ねたところ定休日だった・・・という悲しい経験をしましたが、本日思いがけずご本人(とても素敵でした)と作品(これまた素敵でした)と直接お目にかかれて嬉しかったです。
「素敵な作品を作る人は素敵な人なのかもしれないの法則」ってあるね。(byゆーこ調べ)
あたしもなんとしてでも素敵にならねば。

だけど、すごい変人がすごくいいものを作るというのもあるっちゃあるよね。
「うん、ある。すごくあるよ。」とげんたろう。
うまくまとめられないのでこの話題はおしまい。

余韻に浸りながら、外苑前の銀杏並木を歩く。
d0264762_1850925.jpg

黄金の絨毯。
今日はお天気が良かったから太陽の光でとても眩しかった。
いや、げんちゃんの頭じゃなくて。
d0264762_18504585.jpg

その後私が惚れ込んでいる世田谷の小さな花屋さんを覗く。
素敵なリースがたくさんあって、自分のリースを全て燃やしたくなりますねえ、ほんとに。
どうしたらあんな素敵なリースやお店の内装を作ることができるのだろうか?

リースに穴があくほど(どっちみち穴があいてる)じろじろいつまでもリースを見る。
どきどきわくわくする。

「もうあんな素敵なもの見たらお腹すかないよ~、恋に落ちたね、恋だよ。」とさんざん騒いだ30分後に、ガッツリご飯を食べる。やれやれ。

さてさて。あたしはあたしでがんばろうじゃないのさ。
がんばっとけ、ゆーこ!

[PR]
by yukodododo | 2013-12-07 19:22
<< お正月飾り 帰ってきました。そしてリースの... >>