落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

お正月飾りは、一体いつ飾ったり、片付けるというのだろうか。

昨日から、ご注文いただいたお正月飾りの納品が始まりました。
チラシをもとにご希望を伺って、何度かメールのやり取りをしたり、写真を送ったりしてご意向を伺っていても、
実際手渡した時にどんな反応をされるかはドキドキものです。
d0264762_852662.jpg

いつもいうように、寄せ植えにしても、リースにしても、納品してお金をいただいてからが本番という感じがします。

昨日は朝からお天気が変わりやすくて、風と小雨の中、朝から自転車で納品。
ほんとこういう仕事をするのに免許がないのはネックです。
午後の納品時は、一瞬あられが降ってきたり。
みなさん雨の中自転車でお宅まで持って帰られましたが、大丈夫だったでしょうか?
納品前に慌てて写真を撮るのを忘れてしまいましたけど(あほ)、こんな感じの納品しました。一部ご紹介。
d0264762_8121342.jpg
布完成前の写真ですが、
d0264762_8125572.jpg

お正月飾りは一般的に12月13~30日までに飾るとされていますが、大掃除を済ませた12月26日~30日までに飾るのが良いそうです。
ただし、29日の9は「苦」に通じ、「苦労する」「苦しむ」など、縁起が悪いとされているので、この日に飾るのは避けるとされています。
大晦日31日に飾ることは「一夜飾り」といわれており、新年においでいただく年神様に対し、礼に欠ける行為とされていますので30日までに飾り終えるのがよいそうです。
(旧暦12/30日は大晦日になるためですので28日までの飾りが本来の飾りなんだそうです)

ほほう、「年神様」!?
お正月飾りは、年神様が宿るための依代(よりしろ)だと言われているそうです。
年神様が降りてくるための大切な目印にもなり、お迎えするために必要なものなんだそうです。
これはなんとしてでも毎年新しい「気」の入ったお飾りをきちんと飾らねばという気になりますねえ。

縁起の良い門松を飾る風習は中国が起源とされ、日本では平安時代からで(すごくない?!)、門松の飾り方や飾る場所などは地方によってさまざま。ふむふむ。

じゃあいつ片付けるの?っていうと、
小正月の15日に持ち寄ってお焚き上げする行事を「どんど(どんと)焼き」といわれ、全国の神事にもなっています。
まあ地方によってこれもいろいろだと思うけれど。
「どんど焼き」の煙に乗って年神様がお帰りになるといわれているそうです。

たしか去年も似たようなことを書いたように思うけど、一年たつとなんとなく忘れちゃうのはなんででしょう。

来週も納品が続きます。
[PR]
by yukodododo | 2013-12-21 08:27
<< また来てね Yuko bag! >>


カテゴリ
植物

workshop

以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちいさな口約束
at 2015-08-17 19:08
紐育リポート②
at 2015-07-30 18:11
紐育レポート①
at 2015-07-29 12:52
色気のある人
at 2015-04-28 12:20
自転車操業?!
at 2015-04-27 18:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧