落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

リースの会の報告とか石鹸のおはなしとか

猛暑の中、昨日も遠くから近くからリースを作りにお集まりいただきました。
参加して下さったみなさま、どうもありがとうございました。

いつかも書いたかもしれませんが、私のワークショップでは、「これと同じものを作って下さい」というような
1つのお手本を元に、全員同じ材料で同じものを作るということはしません。
そもそも私の作ったものがお手本になるなんておこがましすぎる。

わくわくするような材料をできるだけたくさん集めて、その中からお好きなものを選んで自由に作っていただくようにしています。
そうするといろいろな発想やその人らしさが思いがけずひょっこり垣間見れて、仕上がりを見ながら、へえ!とか、わあ!とかみんなで驚きや発見を共有できて、私自身も勉強になることがたくさんあります。

そんな昨日の夏のリースの会。
初めてリースを作った方がこの中に2名いらっしゃいます。どれかな、どれかな?
d0264762_14395813.jpg
昨日は川崎市内のあちらこちらで、花壇はもちろん環境を考えたさまざまな活動をされている先輩たちもいらっしゃいました。
ですから全員がリースを作り終わり、お茶のお時間にしましょうかという頃、
「え~、今日はみなさんに是非ご紹介したいことがあります」と楽しいデモンストレーションが始まります。

家庭で数回使ったてんぷら油などの廃油で簡単に石鹸を作る!という環境に優しいけど、一瞬耳を疑うようなお話し。
その名も「フレ!フレ!リサイクル」。お子さまの夏休みの自由研究にぴったりのトピックです。

このキットを販売している長野県のねば塾というところのホームページを拝見したところ、我が家が愛用している白雪の詩という石鹸を販売製造していることを知り驚きました。
余談ですが、かつてとあるレストランでこの世のものとは思えないほど肌のきれいな女性がいて、そのあまりにも美しさに、一体何を洗顔に使っていらっしゃるか?とお尋ねしたら、この白雪の詩(2個入り270円くらいだったと思う)を使っているとおっしゃったのでした。
(ところが私がこの石鹸をどんなに使っても、彼女のような肌にはならないっていうのが人生の悲哀というやつです。しかしどうしたことか、夫がこの石鹸の静かなファンだったりします。)

話しを戻します。
昨日の参加者みんなでペットボトルを順番に振りながら、丸い容器に流し入れたものがこれです。
只今絶賛熟成中。わくわく。
d0264762_1445323.jpg
横に写っている芋ようかんのような固形石鹸は、「生活の木」でやはり手作りされたカモミールのやさしい香りの石鹸で、おみやげにと持って来て下さいました。村山さーん、ありがとうございました。

これに関連して、「きなりっこ」という6,000人の川崎市民が作ったせっけん工場という興味深い洗剤のお話も聞かせて頂いたり。http://kinarikko.kazekusa.jp/

いつの会もワークショップにお越しいただけるだけでも本当にありがたいことなのに、毎回いろいろなことを教えていただいたり、たくさん笑って心が軽くなったり、温かい気持ちになったり、
皆さんがお帰りになったあと、片付けながら感謝の気持ちでいっぱいになります。
よし、あたしもがんばらんと。

どうもありがとうございました。またお目にかかれる日までこぴっとがんばります。

[PR]
by yukodododo | 2014-08-07 15:03 | workshop
<< 義母からの静かな応援 紫陽花のリース >>


カテゴリ
植物

workshop

以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちいさな口約束
at 2015-08-17 19:08
紐育リポート②
at 2015-07-30 18:11
紐育レポート①
at 2015-07-29 12:52
色気のある人
at 2015-04-28 12:20
自転車操業?!
at 2015-04-27 18:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧