落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

秋のお散歩 その①

只今、カフェ・デニムさんで秋のリース展開催中です。
お忙しい中、足を運んでくださっている皆様に心から感謝します。

お散歩が楽しい今日この頃。
去年どこかでもらってきたMAPを片手に、ふらふら当てのないお散歩。

西小山―目黒本町―武蔵小山界隈
d0264762_9385757.jpg
この辺りは車でよく通り抜けるけど、なかなかじっくり歩くことがなかったエリアです。
東京って自転車でまわると楽しそうなところがいろいろあるね。

武蔵小山辺りは下町情緒あふれるこんなお店がたくさん。でもそのはす向かいに、
d0264762_9404714.jpg
こんなカフェがあったり
(店内にたくさんおいてある本のセレクトがどんぴしゃ好み。一日中ここに座って、コーヒー飲みながら、片っ端から置いてある本や雑誌を読みたい)、
d0264762_9412679.jpg
こんなケーキ屋さんがあったり、
d0264762_9415173.jpg
とっても素敵な「花屋さん+アンティークショップ+家具屋??」みたいなお店があったりする。
げんちゃん、おねがい目を開けて!
d0264762_9422497.jpg
おしゃれなパン屋さんがたくさんあって、1つずつパンを買って食べながら歩いてたら、好みの雑貨屋さんにも出会ったり。
商店街が元気な街って健全でいいなあ。町内会の掲示板もちょっとかわいい。
d0264762_948155.jpg
三角の形をした5階建ての古いビル。cafeやbar、ギャラリーなど数店舗でシェアされているそうな。
d0264762_1072121.jpg
NYで一番好きなビル、フラットアイアンビルディングみたいなのを想像していったらちょっと(かなり)違ったけれど、こういう味のある建物がつぶされて無機質なビルやマンションが建たないことを祈ります。

そして初めてのジャズ喫茶デビュー。
扉を開けるとびっくりするような大音量でジャズが!ライブハウスかと思いました。

夫は学生時代、名古屋のジャズ喫茶によく行っていたらしく、お店にあふれるスイングジャーナルとかジャズのレコードを見ながら静かに思い出に浸っておられました。
当時、店のオーナーさんに、「このアルバムをかけてください」とリクエストすると、選んだ曲が悪いのか、頼んだ彼がいけてなかったのか(多分こっち)、オーナーさんのお眼鏡にかなわないとその曲をかけてもらえなかったという切ない思い出がたくさんあるそうです。

ここのオーナーさんはとてもご親切に、何度も「かけてほしい曲があったらご遠慮なくリクエストして下さいね」と笑顔でおっしゃるので、最近夜によく聴いているCDが壁にかかっていたのでそれをリクエストしました。
d0264762_949665.jpg
昔のFMラジオのなにかのテーマ曲だったそうで、リクエストの多いアルバムのひとつですよとかいろいろ教えてくださいました。
ご主人、本当にジャズがお好きなんだろうなあということがよおおく分かりました。
好きなことを仕事にできる人って素晴らしいけれど、このくらい自分の「好き」が「好き」じゃないといけないのかもしれんなあ。

当たり前だけど、家でCDで聴くのと、この立派な大きなスピーカーでレコードで聴くのとでは雲泥の差でした。
ぱちぱちっという鈍いあのレコード独特の音も聞こえて、目を閉じてそういう音をも聴いていると、静かに針をレコードの上に落とすあの光景が目に浮かび、幼い頃父がよく日曜日の朝にレコードをかけていた姿が鮮明に蘇りました。
音や香りの記憶って鮮やかですね。

しめは銭湯にでも入って帰るか!と思ったけれど(天然温泉が銭湯価格で楽しめると地図に書いてあったので)、お風呂セットも持って来てないし、また今度ということに。
ということで、この日のしめは
d0264762_954266.jpg
焼き鳥。うまし!
d0264762_9545763.jpg


[PR]
by yukodododo | 2014-09-30 10:21 |
<< 秋のお散歩 その② 予告編 >>