落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

2015年のお正月

2015年がもう始まっている。
わたしの2015年もそろそろ始めます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

みなさまはお正月はどうお過ごしだったのでしょうか?
私は年末年始を愛知の夫の実家で過ごし→名古屋で旧友と会い→お伊勢さんへ初詣
という恒例のお正月でした。

今年はブラジルから義理の妹たちが一時帰国していたこともあり、親戚一同、老いも若きも総勢15人で輪になってわいわい話します。賑やかで(というか、やかましい)「お正月らしいお正月」でした。
いつまでもこうやってみんなが元気だったらいいなあとしみじみ思いながら、全員とたくさん話しました。

面白い親戚のおじちゃんが、山のように昔のアルバムを引っ張り出してくるからもう大変。
ファミリーヒストリー。みんなの記憶を寄せ集め、家族のルーツを辿ります。
90過ぎたおばあちゃんが驚くほど物覚えが良くて、今は時効になった昔の暴露話しが今年も飛び交います。
一同畳に転がって笑っちゃうくらいおかしくて、ここに書けないのが残念です。

翌日、近くに住むおばあちゃんが「お~もしろいもの持ってきたよ。うーふーふー。」とバックから怪しい封書を取り出します。
幼い頃、夫がおばあちゃんに書いた手紙の数々です。
すぐ近くに住んでいたのに、郵送で手紙を送っていたのね。 これは電子メールのない時代のお話しです。

手紙の内容は、「あいうえお」からはじまり、「わんをををを」で幕を閉じる。
だけど今より字が上手かも。
d0264762_22213793.jpg
この頃から「ごちそうをつくっってまっています」と書いとる。 この頃の夫に会ってみたいなあ。そしたら何を話しましょうか。
d0264762_2222282.jpg
自作のなぞなぞいっぱいのお手紙。
この夜、過去の自分が作ったなぞなぞの答えが分からず、一生懸命考えていた夫にかける言葉が見つかりませんでした。
d0264762_2223210.jpg
みんな歳をとっていく。
1歳から92歳まで輪になって話をしながら、古いアルバムや手紙を見ながらそんなことをしみじみ思いました。

夫が小さかったときに彼を可愛がってくれた人たちを大切に、
最近生まれてきた親戚の子供たちを今度は私達が可愛がって、
私たちの身長を越えて大きくなった甥っ子やかわいい姪っ子たちをう~んと可愛がってやらんとなあと思いました。

久しぶりに夫の兄弟(夫、妹、弟)が実家に勢揃いして、義理の母はとても嬉しそうでした。
普段はここで一人で暮らしている母のことを、もっともっと大切にしないとなあ。

[PR]
by yukodododo | 2015-01-09 22:45
<< 『ハートのリースやサシェを作る... my 2014 >>