落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

リースを作りながら、旬について考える

ほわっとふわっとしていて、優しい春のリースってどうやったらできるのかなあ。
煮詰まってきた。最近なぜかリースを作れなくなってきた。どうしてだろう?と考える。

作り込んでいない自然な庭をイメージする。自分が庭仕事をするときの感じを思い出して。
立ち上がってたり、倒れてたり、横向いてたり、虫に食べられてたり、風に吹かれてそよいでいたり。
水やりをすると緑が濃くなる感じや、香りが立つあの感じを思ってみる。

最近、「持ち帰りに壊れにくいもの」や、「玄関に飾っていて崩れにくいものが欲しい」というリクエストが多くて、
わりと造花を使うことも多くなったけれど、

自分の好きなスタイルは花壇で育てた植物をドライにしたもので作るリースが一番しっくりくるんだなあとこれを作ってしみじみ思いました。
d0264762_17232766.jpg
リクエストに答えることと、自分の好きなスタイルを貫くことのバランスとか、仕事としてのいろんなことを考えてみたりすることもあるけれど、

リースは私の中では旬のものだから、その年の春作ったものはその年存分に楽しんでもらって、春が終わったらその年の夏のものを作る。
ぜいたくかもしれないけれど、旬ってそういうものかもしれない。

だからリース教室の参加費はなるべく参加しやすいものにして、みんなで旬の恵みを享受するよう心がけています。
値付けは私にとってとても難しい作業。でもお金だけでは表現できないものがいろいろあるんだなあと、そんなことを思う今日この頃です。

来週から始まるフラワーマルシェ、春の旬がいっぱいの4日間になるよう準備しています。
初日のnicoさんのお料理もわくわくする春メニューがあがってきました。
デザートを作って下さる方からは試食もさせてもらいました。美味しかったです。
23日に参加してくださる皆さま、楽しみにしていてください。お待ちしています。

[PR]
by yukodododo | 2015-03-16 17:33
<< I made it!!! ほどいてはやり直し、そしてやり直し >>