落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

カテゴリ:食( 23 )

縁は異なもの味なもの

日曜日の夕暮れ、私の大切なお友達から、「あなた今どこにいる?」と突然電話がかかってくる。
「田舎から大量に柿が送られてきたけど、あなた干し柿作らない?」とおっしゃる。

友達のお母さん(縁は異なもの味なもので、彼女は私の昔の同僚のお母様でもあり、夫の友達のお母様でもあったのでした。つまり私の同僚と夫の友達が偶然にも兄弟だったということです。結婚して数年してから発覚した不思議な事実。今では友達が海外暮らしということもあり、お母さんとの親交の方が進行しているかんじです)

ということで、うちのベランダの今。
d0264762_965838.jpg
夜の柿。癒されます。
d0264762_9151064.jpg
「3日くらいたったら、優しく優しく毎日揉んでください。そしたら柔らかくなります。」 とのこと。
夫は待ちきれず、2日目の朝、そっと触っちゃって私にどやされる。

薄く切った柿の皮は、お漬物にすると美味しいから捨てちゃだめよと教えてくれました。
言われた通り、干してます。
d0264762_9153849.jpg
先日布を買いに行ったときに、お忙しい彼女を呼び出し2人でケーキセットで女子会をしました。
帰りにお菓子だなんだと持たせてくださった中に、お手製のひじきと糸こんにゃくの煮物を持たせてくれました。嗚呼、この世代の温かさ。
そしてこれが美味しかったのなんのって!何かの味が突出するようなそういう派手な味付けではなく、いろいろなものが絶妙に優しく絡んでいて、素朴な旨味と滋養たっぷりな手作りおかず。
彼女のお台所とかお料理している姿が目に浮かびます。
こういうお惣菜をいろいろ作れるような人になりたいなあとしみじみ思いました。
d0264762_9162496.jpg
小夜子様、いつもどうもありがとうございます。干し柿ができたら、みんなで美味しくいただきたいと思います。

[PR]
by yukodododo | 2014-11-12 09:21 |

旬のもの

夫の大好物、さといもさん、
d0264762_16321396.jpg
れんこんさん、こんな状態で買ったことなんてなかった。
あまりの美味しさにほぼ毎週買ってる。
d0264762_16325430.jpg
柿、
d0264762_16335337.jpg
めちゃめちゃ美味しい。
d0264762_16354119.jpg
これまで知らなかった黒あわび茸。
d0264762_16361328.jpg
香りと旨味が素晴らしい。シンプルに焼いていただくもよし、でも土鍋で炊いた黒あわび茸飯の美味しかったこと、美味しかったこと。あたしゃ二夜連続で炊きました。
d0264762_16365826.jpg
d0264762_16371564.jpg
兄貴んとこでお野菜買うようになってから、うちの食生活が変わってきた。

痩せるわけがない。

[PR]
by yukodododo | 2014-11-05 16:41 |

秋のお散歩 その③

今日はハロウィーン。

臨月の妊婦と二人、産む前に旨いものを食べに行こう!と朝から女は集います。
日本橋のつじ半さんへ。
d0264762_2242594.jpg
「ねえ、妊婦さんって生ものいいんだっけか?」と聞くも、「新鮮なものであれば大丈夫としている」というざっくりな回答。さすがちえみちゃん。

開店前に着いたにも関わらず、身重な彼女と小一時間並ぶ。おしゃべりしてたらあっという間だったけど、相変わらず人気なんだね。

これこれ。うまく撮れなかったけど、たくさんの具が入った海鮮丼!
d0264762_18174551.jpg
半分くらい食べた辺りで、あたたかい鯛汁をかけてもらい、鯛のお刺身をいれていただきます。ちょっと柚子の皮が入っていたりして上品で極上のお味。この中に浸かってもいいと思うほど美味しいの。
d0264762_18182415.jpg
このクオリティで990円ってあなた。

その後、日本橋をのんびりお散歩。気持ち良いお天気で、秋のお散歩は快適です。
うさぎやさんでどら焼き買ったり、あっちへこっちへ気の向くままふらふら。

永代通りの花壇をふと見ると、ハロウィーンを意識した作り込みが。
d0264762_18191035.jpg
変なかぼちゃのお化けとか、悪趣味なアニメで表現しないところが大人の街、日本橋。だから好きだよと思う。

最後にお茶をいただきました。
日本橋にふさわしく、鶴屋吉信さんで 『お抹茶と季節の生菓子』で締めることに。

カウンター席に座ると目の前でオーダーした和菓子を作って下さるというのです。
そりゃああなた、カウンターに座るに決まってる。
d0264762_22254485.jpg
季節の生菓子は3種類から選べます。
d0264762_18204662.jpg
私は「綾錦」に即決。秋の山の紅葉している様がぱっと目の前に広がるから不思議です。
d0264762_182276.jpg
妊婦はもみじを選びました。これは、型を押して作るのではなくて、全部手やヘラで作ってらっしゃいました。
d0264762_22243565.jpg
手に職って素晴らしい。

この和菓子のデモンストレーションは、所作も技もお味も美しく、これぞ日本人にしかできないエンターテイメントだと感じ入りました。
d0264762_2225861.jpg
こういう見せ方を提案した人はすごいと思います。老舗だとこういう作業は奥でひっそりやってそうだけど、老舗の味と技を守りつつも、新しい見せ方をしてみるというような、なんかそういう今の日本橋のムーブメントを感じました。

また違う季節に訪れ、いろいろな和菓子を見てみたいです。四季を愛でる日本ならではの楽しみだと思います。なんとも雅なお茶の時間でした。お抹茶も美味しかったし。

考えてみれば、今日は2人で日本橋お散歩じゃなくて、3人でお散歩したんだね。
d0264762_2224615.jpg
元気な赤ちゃんが産まれますように。

夜はかぼちゃのスープ。兄貴のとこで買ったかぼちゃは旨しっ!
d0264762_18333159.jpg
Happy Halloween!

[PR]
by yukodododo | 2014-10-31 22:38 |

病院とわたし

日本の病院(とか図書館とか公園とかとか)が、例えば北欧の病院のようにもっと素敵になったらいいなと
すごく思っていて、どうしたら素敵になるのかなあとよく妄想しています。

ちびの頃から病院の前を通るだけで大声で泣いていたらしい私は、大の病院嫌い。
どうも世の中見ていると、
①具合が悪いと、割に早い段階で病院にささっと行ける人 → 夫
②具合がどうにもこうにも悪くなって、やっと病院に行く人 → あたし
に分かれるように思います。

②の言い分。
具合が悪いわけだから、もう何かが確実に悪い。だから、なにか怖いことを言われたり、痛いことをされる確率が非常に高い。
注射とか、のどがおえっとする棒みたいなのを舌の奥に置かれる・・・などなど。ああ、恐ろしい。
恐ろしいから、自分の自然治癒力に懸命に語りかけます。(応答願います、応答願います・・・)
でも例えば虫歯とかは自然に治らないので、子供の頃は往生しました。

数年前のある日、どうにもこうにも具合が悪く、病院に行くのが怖い私は、友達に電話して、
「一体どのくらい具合が悪かったら病院に行く?」と聞きました。
その時の自分の症状を伝えたら、「えー!!私だったらもう1週間前に病院に行ってるよ。お願いだから今すぐ病院に行って!!一緒に行ってあげるから!」と言われ、その過剰な反応にびっくりして、余計に怖くて病院にいけなかったことがあります。

驚くことに、①の人は、病院に行かない方が(具合がもっと悪くなりそうで)怖いとおっしゃる。
何が原因か早く知りたいそうな。勇気があるなあ。
ということで、話は長くなりましたが、なにしろ私は病院が苦手です。

そんな病院嫌いが、夫と二人で病院の花壇のボランティアをやるようになって2年と3か月。
夏は毎日のように水やりに行ったりといろいろ大変なこともあるけれど、ここの病院の総務の人々が本当にいい方たちで、この出会いが私の川崎ライフの心の支えとなってることにふと気づきました。

例えば失敗しちゃった日、例えば夫が長期出張で留守中にきれいな夕焼けを見ちゃった日とか、例えばなんとなく人と気持ちがはぐれちゃった日とか、
私はうっすらしょんぼりしてこの花壇の世話に行って、そんな日は必ず総務部の扉をたたきます。

愚痴もなんにも言わない。いつも他愛のないなんでもない話しをしてくれるから、きっと寂しい気持ちから一旦離れるんだろうね。帰るときにはもうしょんぼりはどっかにいっちゃってる。

でも皆さんはお仕事中だから、こんな風に気楽に寄って帰るなんて本当はいけないんだと思う。
でもいつ行っても優しい親戚のお姉ちゃんとか、いつも面白くて甘やかしてくれるおじちゃんみたいな人たちがそこにはいるから、つい「トントン」って総務部のドアをノックしちゃうんだなあ。
私そういうこと意外にできないタイプなんですけれど。

そのようにお世話になっている病院に、大きなマンホールサイズのリースを作りました。
病院には元気がでるような、うんと派手な色を使おうと思って、フューシャピンクのでっかいリボン。
d0264762_958235.jpg
そしたら、看護課長さんから東京湾で釣ってきた!というたこをいただきました。
なぜか昨日はいただきものがたくさん!助かります。
d0264762_1005100.jpg
何を作ろうかなあ・・・ふむ。と悩んでいると、運よく夫が早いお帰り。
料理好きの夫のテンションは一気にあがります。
「ほー!」と雄叫びをあげ、仕事着を脱ぎすて、「パエリア作りまーす」と、ぱぱっと作り始めました。
しめしめ。
サフランはないけれど、んー、うまし。
白ワインがすすんで体温が上がり、蚊に刺されたところがかゆくなったりする夏の夜ごはん。
d0264762_1014314.jpg
ごちそうさまでした。

[PR]
by yukodododo | 2014-08-20 10:09 |

暑さ対策?

毎日「高温多湿」と、だましだまし付き合ってます。
でももうだましきれん。暑い。

今年の夏を元気に乗り越えられるように、酵素シロップ作りはまだ続いてます。
今回は沖縄で減農薬で育ったパイナップルと横浜で無農薬で育ったブルーベリーで作りましたよ。
d0264762_115681.jpg
しかし、旬の果物で無農薬のもので、ピンとくる果物に直接出会うのは結構足を使います。
お取り寄せとかすればいいんだろうけど、直接手にして見たいし、香りとか嗅ぎたいタイプ。昭和の夫婦です。
d0264762_11195210.jpg
毎日50回くらいかき混ぜるんだけど、ひじまで無添加の石鹸で洗って、清潔な布できちんと水けを拭いてから混ぜる。とか、手に傷がある場合は反対の手で混ぜる。
d0264762_1154869.jpg
などなど、常在菌を培養するのも大変なのだけど、混ぜてるときの香りが素晴らしいし、なにしろ美味しい!
美味しいもののためにはがんばれる2人。

7月は海外在住チームの帰国が重なったり、ハーブクラフトのワークショップが重なったり、あっちこっちの花壇での紫陽花の収穫とドライ作業で、あっという間に7月も中旬。早いです。これほんの一部です。
d0264762_1164424.jpg
川崎市の日吉出張所での第3回目のハーブ講座では、27名がサシェ作りに参加して下さって、私の父くらいの年齢(とお見受けしますが違うかしら?)の男性も驚くほど上手に縫い物をされました。素晴らしい。

講座終了後に、受講者の皆様が質問や感想などを言いに来て下さったり、アンケートを1枚、1枚どきどきしながら読ませていただきました。
準備など大変なこともあったけれど、いろいろな人さまのご縁で私のような者にこのような経験をさせていただいたことは本当にありがたいことでした。
この講座の最後の会が10月にありますが、そのときにまた参加させていただくことになっています。また受講者の皆様にお目にかかれるのが楽しみです。
1回きりのワークショップもいいけれど、このような連続講座の良さをしみじみ感じます。

豆好きの私の最近のブーム。
好きな料理研究家が美味しいと言っていたので美味しいに違いないと思ってやってみました。

水に一晩浸した大豆を茹でるのではなく、蒸す。
こうするとお豆の甘みがぐっと凝縮されおいひいです。恐らく栄養分も凝縮されてそう。
豆好きにはたまらん。
d0264762_11135627.jpg


[PR]
by yukodododo | 2014-07-16 11:27 |

すもももももももものうち

友達が持って来てくれたすもも。
かわいい。
d0264762_12133517.jpg
果物ってすごくフォトジェニック。
キッチンに置いてるだけで絵になる。
d0264762_1216717.jpg
もも、すももを持ってきてくれてありがとね。

[PR]
by yukodododo | 2014-06-24 12:20 |

再び!江元のおばちゃんのジャム

去年のいつだったかブログに書いたと記憶しているけど、今年も届きました。
江元のおばちゃん、お手製のジャム。
d0264762_184998.jpg

甘さの加減が絶妙で優しくて、いつも優しくしてくれたおばちゃんの笑顔が思い出されます。

冬に送ってくれた「あまおうのジャム」も最高だった。
「ゆうこちゃん、やっぱりイチゴはあまおうが美味しかろ?」
(あまおうは福岡のイチゴだから、博多の人はあまおうびいきです)

お礼にラベンダーのサシェを作って送ったら、
「いや~、ゆうこちゃんどうして分かったと?あなた、おばちゃんと以心伝心よ~(福岡なまりで)。それがね、おばちゃん、あのあとすぐ旅行に行ったとよ。それでゆうこちゃんの香り袋をおばちゃんのパンツやら下着をいれる袋に入れていったとよ。え、あなた、笑いようと?ははは。おかしい?そしたらね、旅館についてカバンあけたらいい匂いがしたとよ~。」

なんていうか、愛がいっぱいな人です。
声聞いただけで幸せな気持ちでいっぱいになります。どうしたらそんな人になれるのかなあ。

朝、外側がぱりっと、内側はもっちり焼けたトーストに、おばちゃんのジャムとクリームチーズを塗って食べる。もう2人でにこにこしちゃう。
美味しいもの作れる人って本当にうらやましい。


[PR]
by yukodododo | 2014-06-12 18:29 |

築地んぐ

観てきました。『チョコレートドーナツ』(原題any day now)

アラン・カミングが素晴らしすぎて、昨日の映画館がもし国技館だったならば、思わず座布団を観客席から投げたと思う。(良識のある大人は相撲観戦で座布団を投げてはいけません)

感想について書きたいことはいろいろあるけれど、
観終った後それぞれトイレに行き、その後すごい人ごみのロビーの中で夫の姿を遠くに見つけたときに、
期せずはらはらと涙がこぼれてくる・・・という、そういう映画でした。
映画を観た人にはこの意味が分かっていただけるかも。

「とにかく歩こう!」が映画館を出てからの一言。シネスイッチ銀座から築地まで歩く。絶好のお散歩日和。

てくてく歩いていると、銀座三越のお花屋さんの前を通る。
店頭にあったラベンダーの値段を見ておののく。だってあなた、私達が買ったりお譲りしているラベンダーの 10倍の値段だったのですから。銀座が高いのか、あたしが安いのか。安い女というのもいかんしなあ。ふむ。
d0264762_935541.jpg
そんな銀座の洗礼を受けつつ、築地へ向かう。

ちょうどお昼時で、築地場外は多くの外国人などで賑わってました。
どこかのお店に入るのもいいけれど、いろんなお店でちょこちょこつまみ食い。
このまぐろの分厚かったこと、美味しかったこと!
d0264762_963210.jpg
ここのお店のおばちゃんが路地裏で食べていたおうどんが美味しそうで、食べ終わるとそのどんぶりをどこかに返しに行く様子。
「ついていこう!」とげんたろう。早足で人ごみを歩く小さなおばちゃんの後を追っかけてそのうどんやへ辿り着くと行列。
d0264762_9253241.jpg
みんな知ってんだねえ。

人が多いから、裏道を抜けていきます。
d0264762_854154.jpg
d0264762_8544591.jpg
d0264762_902528.jpg
自転車に築地を感じます。
d0264762_856309.jpg
築地の履物やさんの品揃え。興味深い。
d0264762_8565198.jpg
テリー伊藤のお兄さんのアニー伊藤さん。
d0264762_8583633.jpg
こういう雑貨屋さんは必ず見ちゃう。
d0264762_8593891.jpg
市場かご。マイ市場かごはもう10年選手くらいで飴色になってる。
d0264762_93296.jpg
和牛はうまいよ!
d0264762_9184884.jpg
d0264762_919205.jpg
にせものビールを飲んで、
d0264762_9195581.jpg
松坂牛コロッケ揚げたて食べて、
d0264762_9204591.jpg
JALのファーストクラスで出している大福食べて、
d0264762_9212023.jpg
こうして我々は太っていく・・・。


[PR]
by yukodododo | 2014-04-20 09:27 |

イタリアン万歳!

私は、(美味しい)イタリア料理がすごく好きなんだと思います。

その昔イタリアンブームというのがあって、世の中「イタ飯」とか言っちゃって、みんな「ピザはシンプルにマルゲリータでドルチェはティラミスだよね~」とか言ってた。(と思う)
多分そういうバブルの残り香みたいのを感じて、「イタリアン好き」って公言するのはなんとなく嫌だなあと無意識的に思っていたあたし。
でも、私は言っちゃう。美味しいイタリアンって本当に美味しいと思いませんか?
それは何料理だってそうなんだろうけど。

人々が「イタ飯」をせっせとデートで食べていたあの頃、うちの兄がなぜかイタリアで結婚式をして、飛行機嫌いの父以外の家族と、母の友達たち(なんでだ?)とイタリアへ飛びました。
私は旅慣れた国際線のフライトアテンダントをしていた友人と二人、毎日違う安いプチホテルに泊まり、街場のレストランで毎日ティラミスを食べ比べて悦に入ってました。

私達が歩いていると、イタリアの男の人たちに、「Honda!」「Kawasaki!」「Ninja!」と陽気に話しかけられた。彼らの言ってることはなんにも分からなかったけれど、日本のバイクは有名なんだということだけ分かった。
その10数年後、Honda選手がイタリアでは有名になり、私はKawasakiに暮らすようになったわけなんだけど、まだ忍者にはなってないなあ。

余談だけど、一緒にいた友達がとても美しかったので、ぶさいくな私もいろいろ楽しい恩恵にあずかりました。
例えば早朝にふらりと入ったバールで、オーダーもしていないエスプレッソがすっと私達にくる。
お店の人が、「あちらのジェントルマンからです」みたいな。
その主は明らかに私の方を見ずに、友達を見てウィンクし、彼もまたエスプレッソを飲んでいる・・・とか。
朝一番からイタリア男はもうすでにイタリア男だった。

美人って言葉が話せなくても世界どこでも生きていけるんだろうなあと横にいて嫌と言うほど思い知らされました。顔なんか関係ないなんて絶対嘘。ブスのたわごとか勘違いです。
(この数年後、この美しい友達はイタリアに留学しイタリア語も話せるようになります。)

で、話を戻すと、懇意にしているイタリアンがあって、先日仲良しと夜行ったらばお手洗いにこんな張り紙が。
d0264762_18422827.jpg
トイレで大いにときめいたので、その2日後の朝、眠い目をこすって出掛ける。

早起きは三文の徳。

旬の素材を常に産地から仕入れて調理するシェフのお料理は、和だろうが伊だろうが美味しかった。
ほんとにここのシェフたちは気持ちの良い人々で、いつもなんていい仕事をしているんだろうかと心からうらやましく思ってみています。

お店の片隅で販売されていたお野菜も美味しそうでいろいろ買う。
特に感激したのが、この椎茸。
d0264762_1844351.jpg

シェフならどうやって調理しますか?と言う問いに、ソッコウ「蒸しますねえ」と一言。
石づきを取ってせいろで蒸しまして(椎茸の傘っていうの?裏返してほんの少量塩をして蒸すとそこに旨みがたまります)、石づきは一番美味しいところなので捨てずに薄く切ってさっと炒めてください!というアドバイス通り石づきはその日作ったパスタにさっと混ぜてみた。
嗚呼、この石づきの美味しかったこと!!!!!!それを同時に食べた夫と無言で堅い握手を交わしました。
石づきを今までずっと捨てて生きてたあたしはばかちんです。でも美味しい椎茸だったからあんなにも美味しかったんだと思う。

最近はいろいろな産地に出向いて、生産者とお話していろいろ仕入れてくるシェフって珍しくないけれど、そういういろいろなお話を聞きながらいただく朝ごはんは美味しかった。
細胞の隅々にまで栄養が行き渡り、力を感じます。ジャンクフードをバリバリ食べちゃうこともたくさんあるし、ちゃんと料理しない日もたくさんあるけれど、食の大切さを感じる朝でした。美味しいと人は笑顔になる。
d0264762_18524328.jpg
このハマグリと菜の花のお味噌汁は、たとえバケツで出てきても全部飲み干せるほど美味しかった。
春ですね。
d0264762_18544272.jpg
ご馳走さまでした。

[PR]
by yukodododo | 2014-03-24 19:09 |

マイブーム

最近のマイブーム。
ショコラショ(chocolat chaud)。フランス語で「熱いチョコレート」と言う意味だそうな。

要するに、ホットチョコレートドリンク。
ただし美味しいやつ限定。なんていうかカカオの質のいいので作ったもの限定。
胸焼けしそうにどろどろにくどいのとか、水っぽくてしゃばしゃばなやつはもう絶対だめ。
美味しくないもので太りたくないの。

フランスでチョコレートにやられちゃったのね。
ヨーロッパのチョコレートってほんと美味しい。

先日ジャン=ポール・エヴァンでホットチョコレートを飲み、私はしみじみこう思ったのでした。
もう変なケーキセットを食べるなら、美味しいホットチョコレートを少量飲んで生きていこう!と。

「家でもこの味に近いものを作れるんじゃないかなあ?」と夫が言う。
げんちゃん、あんたほんまかいな。

家に数年眠っていてそろそろ捨てようかと思っていたバンホーテンのココアを引っ張り出す。さらに冷蔵庫のチルド室で眠っていたカカオ90%の板チョコの残りと、豆乳とはちみつで彼は実験を始めた。

横で、「少しでいいけん、少しで。でもすごく美味しくしてみて。がんばって!」とか言う。

果たしてエスプレッソのデミタスカップに一杯、濃厚なココア。
d0264762_178519.jpg

うまし。
暮れの大掃除で捨てなくてよかった・・・バンホーテン。
d0264762_178232.jpg

今年のバレンタインデーはチョコレートじゃなくて、どこかの美味しいフランスとかベルギーとかのチョコレート屋さんのショコラショ用の粉末チョコレートを買ってみようかなあ。

どこのが美味しいのかなあ。知ってる人はどんな小さな情報でもいいので教えてください。

[PR]
by yukodododo | 2014-01-08 17:17 |


カテゴリ
植物

workshop

以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちいさな口約束
at 2015-08-17 19:08
紐育リポート②
at 2015-07-30 18:11
紐育レポート①
at 2015-07-29 12:52
色気のある人
at 2015-04-28 12:20
自転車操業?!
at 2015-04-27 18:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧