落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

カテゴリ:食( 23 )

You are what you eat.

すずしろ、せり、すずな、なずな、ごぎょう、えっとそれから、はこべら、ほとけのざ
d0264762_9112066.jpg

いつまでたっても覚えられない七草。
そしていつまでたってもすらすら言えない干支。

これにおもちをいれて、玄米がゆをゆっくりいただきました。うまし。

今年は「食」に心を配ろうと思ってる。
You are what you eat.
味の素だっけ?「あなたはあなたが食べたものでできている」あのCMにぐっときた。
だから私の今月の目標は、「口に入れるものに心を配る」です。

ダイエットとかカロリーでなくて、こういうことに気を配って食品を買うと、買い物の時間が少し長くなる。成分表示とか今まで以上にじろじろ見てる。

特におやつにお金がかかるようになるんだなあ。
みんなおやつって何食べてるの?


[PR]
by yukodododo | 2014-01-08 09:13 |

がんばれー!

なかよしがこんなことを始めました。
http://www.die-alte-schaeferei.de/

彼女の話し、たしか過去のブログにも書いたことがあったような・・・と遡ると、
確かに2012年9月4日に「郵便物」というタイトルで彼女の話ししてた。
http://gandy.exblog.jp/16747956/

健康を絵にかいたような頑強だった彼女が、ある日突然、原因不明の大変な病気になっていろいろあって、人間らしい生活が数年間できなかったり、紆余曲折あって、
だけどついにこんなことを始めおった。

ドイツ語だからよく分からないところもあるけれど、翻訳機能を使ったり、最近の彼女からのメールとかで大枠の意味を掴む。

こんな顔しおって。(ちなみに右が友達)
d0264762_1053054.jpg
d0264762_1054740.jpg

2年前かな?遊びにいったときに形にならない自分の夢や構想を話していた道。
d0264762_1023768.jpg
あの時見た景色。これ夜の21時過ぎ。夏のドイツは日が暮れるのが遅いの。
d0264762_10233833.jpg
芍薬があちこちで咲いていたな。
d0264762_10241647.jpg
愛しき人たちの後ろ姿。
d0264762_10183167.jpg
がんばれー。

[PR]
by yukodododo | 2013-10-16 10:30 |

松竹梅、そして特上

こないだ日本橋界隈をふらふらしてたら、路地裏に、「あんた絶対ここ美味しいでしょう」という店構えのお店があった。
京都なんかにある感じの「一見さんお断り」的な佇まい。

外から中は見えないし、多分看板もなかったと思う。夜だったから暗くて見えなかったのかもしれん。
でも、その入りにくい扉の横に、お品書きが。
d0264762_19314921.jpg

こら絶対旨い!とピンときたので、夫に、「参りましょう。」と厳粛に言う。
「よっ、冒険家っ!冒険大好きよ~」とお尻をぷりぷり振りながら、彼はその美しい引き戸をカラカラっと開けて中に入った。

中は10人くらいが座れるカウンターがあるのみ。
板前さんが一人、ニコリともせず無駄のない美しい動きで調理中。

こういうときって松竹梅、特上、どれをオーダーしますか?

笑わない板前さん。
清潔で美しい静寂な店内。
夜の日本橋。

オーダーするもので、自分の生き様が現れそうで、妙な緊張感が走ります。
でもさ、緊張したってしょうがないさ。もうあたしもげんたも自分の人生半分以上は生きたんだろうし。残り短い人生、恰好つけても何の足しにもならん。

身の丈にあったものってことで、アタシは一番安い「梅」をオーダーした。
それでこのお店がどんなものを食べさせてくれるのか見たかったというのもある。

ちなみにこういうとき夫は、間違いなく値段の高いものをオーダーする習性がある。
どうせ食べるなら、この店で今日一番美味しいものを食べたいのです。

ちなみにお隣りに座ったカップル(40代後半とみた)は、それぞれ特上をスマートにオーダーされました。
そしてこのカップルの会話もやはり特上だったと言わざるを得ないでしょう。
特に2人とも楽しそうに笑うその笑い方に品があった。
(そこいくと、私の笑い方は「梅」と言えなくもない。)

お二人とも間違いなくエリートで、それぞれ会社も職種も違うし、どうやら真剣にお付き合いはしてるみたいなんだけど、週に1回とか10日に1回くらいしか会えてないみたい。
平日は2人とも仕事がとても忙しいし、休日は彼はゴルフやジム、彼女はヨガとか習い事とか、女同士の付き合いもあるみたいでさ。え?そんな話はどうでもいい?あらあ。

それでね、結局めちゃくちゃ美味しかったよ。あのクオリティで980円って、あなた!
何を食べたかと言うと、今まで食べたことのない海鮮丼。
お店で美味しいとされる食べ方にならっていただくの。最後に出てくる「鯛のお出汁」でいただく海鮮丼の残りの美味しいこと、美味しいこと。
ふと夫を見ると、すごい笑顔で食べてて驚いた。あれだけの笑顔であの速度で食べるのって難しいと思う。

日本橋つじ半、是非行ってみて。あたしらも間違いなくまた行きます。

[PR]
by yukodododo | 2013-08-01 20:01 |

【予告編】食いしん坊万歳!

地元の仲良し(MS.呑兵衛。紀ちゃん、あんたのことだよ。エーイ!)から、箱買いした大切なワインを1本もらった。

夫が「せっかく美味しいワインいただいたから、これに合う旨い料理作りたいなあ・・・」と、
ちゃちゃっと作ってくれた。
d0264762_20445690.jpg

うましっ。

地元の仲良したちが、workshopでげんちゃんのお料理教室やって!と何度か言ってくれてて、本人にそれ話したら、「いいよ。いつやる?」と拍子抜けするくらいの二つ返事。

じゃあってことで来月「げんたの食いしん坊万歳!」やるかも。
来週彼はヨーロッパに出張なので、なんか美味しい食材買ってくるよ~とか言ってます。
もしやったら、来れる人は来てやって下さい。

[PR]
by yukodododo | 2013-02-18 20:51 |

B級グルメ

今日は横浜界隈をうろうろ。寒かった~。
寒いとラーメンを食べたくなるって、そんな女に誰がした?

超B級グルメ。次郎系。
d0264762_21131433.jpg

このチャーシューにあたしゃ本気を感じた。
そしてこのちょこっと欠けてる器にドラマを感じた。
これにカレーがついて550円ってどうよ。Good job!

[PR]
by yukodododo | 2013-02-17 21:17 |

カレー屋げんちゃん

夫が作ったカツカレー。
やばい。
d0264762_21141053.jpg

とても昨日風邪引いて会社休んだ人が作ったものとは思えん。

もうあんた、会社辞めてカレー屋やっちゃいな。
「カレー屋げんちゃん」

美味しいよ。みんな来てね。

[PR]
by yukodododo | 2013-01-26 21:17 |

コトコト

果物売り場の前を通ったら紅玉の甘酸っぱい香りがしたので、そうだ、リンゴジャムを作ろうと思い立つ。

家で作業をしながらリンゴをコトコト煮てると、ああ冬なんだなあとしみじみ思います。
ジャム作りのいいところは部屋中にリンゴのほのかな甘い香りが広がるとこ。
ゆずジャムなんかもいいよね。ジャムとか煮込み料理って温かい気持ちになる。

今回のリンゴジャム、どういうわけか分からないけどいつもより美味しくできた。なぜだ。
これをカリッと焼いたトーストにクリームチーズと一緒に食べると美味しいわけよ。

これでアップルパイ作ったら素晴らしいことになると思う。うわ~。
d0264762_1802562.jpg

[PR]
by yukodododo | 2012-12-05 18:12 |

泳げ、鯛焼きくん

今日の午後、思いがけず美味しい鯛焼きたくさんもらっちゃった。
美味しいだけでなくて、よく見るととってもいいお顔で縁起よさそ。めで鯛!
d0264762_22204253.jpg

田中さん、ご馳走さまでした。また日曜日!
[PR]
by yukodododo | 2012-10-12 22:29 |

和久傳

昨日なんとなく父と母と夫の4人で地元でランチを食べる。
で話の流れから、これから丸の内ちょっと流そうか?ってなことになる。

出掛けるなんて思ってないから、母はワンピースに下駄履き。
博多で新調した粋な下駄を私に見せびらかしたかったのだった。「これよかろ~?」
レストランの中で「履かせて~」という私に「いいよ」と裸足になる母。

かくして、下駄の音をからんころんさせながら仲通り界隈を闊歩する。

東京駅も素敵になって、母は東京駅が一望できるやや離れたところから現場監督さながら、くまなくチェックしていた。
「あの囲いは10月になったらはずすっちゃろうね~。あのせっかくのブリックの外壁にそぐわんねえ。」などなど眉間に険しい皺を寄せていた。
こういう母を、父や私は適当に流すけど、夫はそばでちゃんと耳を傾けお返事してます。

最後に和久傳でお茶する。
私も母もそして夫もここの装飾がとても好きだから、お店のすみずみまでじろじろみる。
季節の室礼が美しく、いつ行っても発見がある。ここに行くといつも京都に行きたくなります。
いつも写真撮りたいと思うけど、それは野暮だからぐっと我慢します。
母は声を押し殺して、「げんちゃん、トイレも素敵やけん見てき」と夫にお手洗いの指示まで出していた。
その押し殺した声が、逆に店内に響いていたことを私は知っている。

お茶をご馳走した夫に、「じゃあ私、げんちゃんにちりめん買ってあげる」って母が夫に持たせた一越ちりめん。美味しかった。山椒の香りがお口に広がります。
d0264762_7413818.jpg

秋が深まる時節にあの辺のお散歩もいいよね。

[PR]
by yukodododo | 2012-09-18 07:50 |

ねえ、ムーミン

こっち向いて。
d0264762_16163372.jpg

かよちゃん、これ美味しかったよ~。ありがとう。
[PR]
by yukodododo | 2012-09-16 16:18 |