落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

<   2012年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

クリスマスリースを作る会

本日より「クリスマスリースを作る会」のworkshop開催中。
参加者の中には初めてグル―ガンを使う人もいるのに、本当に上手にやってらした。

本日の作品。
d0264762_18315192.jpg

ヨーロッパのリボンって本当に美しい。光の具合で甘いピンクに見えたりパープルに見えたり。
花の色も、「何色」って一言でいえないニュアンスのある色味がたまらなく好きです。そういう色が何かとバシッとマッチするとき(近藤真彦ではない)、これはもうあなた、至極の喜びです。
d0264762_183239100.jpg

あたしもテーブルに落ちてたユーカリの葉っぱを拾って、ちっちゃいの作った。
d0264762_1852251.jpg


毎回同じこと申しますけれど、同じ材料を用意していても、作る人の数だけ違う作品ができるというのが面白い。私も見ていて勉強になります。

参加してくださった方、どうもありがとうございました。
みんな自転車で無事に持って帰れたかな???

[PR]
by yukodododo | 2012-11-27 18:59 | workshop

男って馬鹿ねえ

11月になったばかりのある夜、甥っ子から電話がかかってくる。
「12月23か24か25か26か27か28日にクリスマス会をします。ゆーこちゃんいつがいい?」という。
男って馬鹿ね。クリスマス会だったら25より後だったらだめじゃん。

どうやら彼、クリスマス会をうちの実家、つまり甥っ子にとっておじいちゃんおばあちゃんちで本格的にやりたいらしい。玄関には受付を作り、映画の上映会をする部屋、イベントのお部屋、ベランダはカフェでレストランはここで、メニューはこうでああでと緻密な計画。私にはフリマと何か楽しいイベントを企画し、花をたくさん持ってくるよう指示を出す。

言いたいことはたくさんあるけど、彼があまりにもやる気いっぱいでのってるから思いっきり付き合ってやることにする。

先週末その打ち合わせも兼ねて、彼とIKEAにクリスマスデコレーションの買い付けに行く。会うたびに身長は伸びていくけれど、頭の中はあんぽんたん。男って馬鹿ねえ。

その夜、実家でみんなで夜ご飯。
ドアを開けたら甥っ子が本格的に仕掛けてた。
玄関のライティング。
d0264762_1742380.jpg
店の看板。これあんたのおばあちゃんの名前だよ。
d0264762_1761728.jpg
うまい!ってあんた飲んだことあるんかい?
d0264762_17102885.jpg

d0264762_17105036.jpg

そして待ちきれず、サンタの格好しちゃってんの。
d0264762_1717895.jpg

男って馬鹿ねえ。

[PR]
by yukodododo | 2012-11-26 17:22

ガーデンシクラメン

恥ずかしながら今年初めて知ったんだけど、いわゆる「シクラメン」というのは室内観賞用なんですってね。日当たりのよい窓辺なんかで育てるのがベストだそうです。

そんなことを知らない不勉強な我々はここ2年、外に地植えしておりました。
いつも元気に初春まで咲いてくれていました。ああ、悪いことしたな。雪の日も咲いてくれてたなあ。無理してたんかなあ。

で、今は寒さに強い「ガーデンシクラメン」というのが出回っており、これは従来のシクラメンより小さいもので(先日私もフラワーマルシェで多数販売した)、これは外の寒さに耐えられるように品種改良されたものだそうです。
d0264762_1634586.jpg

従来のものに比べて小さいです。手のひらにのる感じ。
d0264762_1636142.jpg
埋もれてます。
d0264762_16365276.jpg

もっと早く知っていれば、マルシェで、「このシクラメン、小さいじゃない。大きいのないの~??」って大きな声で言ってたおばちゃん2人にきちんと説明できたのに。

ということで、買って下さった方、お外もいけますよ。って遅い?

[PR]
by yukodododo | 2012-11-26 16:47 | 植物

autumn leaves

桜はもちろん満開の時もいいけれど、秋の紅葉も素晴らしい。
d0264762_15483273.jpg

特に地面に落ちた葉の美しさに毎年心打たれます。
d0264762_15485942.jpg

この桜、うちのリビングからもよく見えるけれど、近くで見ると眩い自然の絨毯みたい。
自然が醸し出す色合いなのに絶妙なる色あわせ。なんてセンスがいいんだ、桜さん!
d0264762_1550459.jpg


先日友達が東北に行き、おみやげに中尊寺でもみじを拾ってきてくれた。
和紙に貼り付けたよ。
d0264762_1625564.jpg

d0264762_1641154.jpg

これにお便りしてもいいし、ぽち袋みたいの作ってもかわいいやろね。
もみじを拾ってくれてる姿を想像するとほっこりするね。どうもありがとう。

[PR]
by yukodododo | 2012-11-26 16:15 | 植物

リースを作る会予告編!

来週はリースを作る会のワークショップを予定しています。

せっかくうちまで来てくださる皆様のお顔を思い浮かべながら、本日最後の仕入れに出掛けました。
オールシーズン楽しめるタイプのリースもいいけれど、この時期はやっぱりクリスマスのリース作りたいよね、きっと。自分で作ったリースを飾るというのはなかなか乙なものです。
お正月飾りも去年から自分で作っています。へなちょこでもなんだかほっこりします。
みんなで作るともっと楽しいでしょうね。

本日の入荷品速報!
杉やもみの木が入るとぐっとクリスマスっぽくなるよね。
d0264762_1942728.jpg

コットンも雪っぽく、かわいいアレンジできそうだと思ったのさ。
d0264762_19434113.jpg

サンキライも箱で買いましたよ。お好きなだけ使ってください。
d0264762_1945655.jpg

本格的に大きな大きなリースを作りたい方用にあかつるも購入。リース枠から作ります。
先日私が行ったリース教室で習った技を伝授しますぞ。
d0264762_19461561.jpg

オレゴン産の良質なもみの木の枝も見つけました。
d0264762_19474348.jpg

大変に申し訳ないのですが、あかつるで大きなリースを作りたい方とオレゴン産のもみの木をご希望される方は、追加料金を頂戴しなくてはなりません。当日決めてくださっても構いませんが、数に限りがありますのでもしご希望でしたらお早めにお知らせ下さい。

温かいお茶をご用意して皆様のお越しをお待ちしております。
気を付けて来てね。

[PR]
by yukodododo | 2012-11-23 20:08 | workshop

銀座ぶ~らぶら

用事があって、朝から銀座。
まだあまりお店が開いてない中、紅茶を飲みながら視線の先に素敵な佇まいのお店発見。
遠目でよし、近くで見てさらによし。この両方が素晴らしいことってあんまりない。
d0264762_11441932.jpg

翌日図書館でたまたま予約していた本の中に、このお店の本が入ってて驚く。
だけどこういうことってよくある。
鎌倉でここのカフェ素敵ねえって思って家に帰ったら、そこのカフェのオーナーが書いた本を実は図書館で借りていた・・・とか。不思議ねえ。

このお花屋さんの本にこんなことが書いてあります。
以下抜粋。

「いま花屋さんの大半が洋花・栽培の花を売っています。一軒ぐらい野花を売る花屋さんがあってもいいと考えたのが、野花の花屋を開いたきっかけです。
おおげさに言えば、今や世界中の花屋さんがほとんど同じものを扱っています。・・・花屋さんでは野に咲く花・山に咲く花は売っていないので季節感も希薄になっています。ちょうど野菜と同じことになっていて、温室栽培の為季節を問わず、いつでも同じ花が作れるというわけです。・・・真っ直ぐな花を一輪生けるとまるで棒を挿したようでどうにもしっくりしません。つきつめれば野の花の自然の造形美にはかなわないのではと考えざるを得ません。」

ああ、だからこのお店は「何とはなしに」素敵だったのだなあと思いました。
この「なんとはなしに」っていうことに最近強く惹かれます。キャッチ―で分かりやすい理由がないのにこんなにも惹かれるのはなぜなんだろうか?と思うもの、ディスプレイ、人、景色、ファッションなどなど。そしてそれらが肩の力が抜けたものであればあるほど、惹かれる傾向にあります。

この店内も日本の民具や器、編んだかごに所狭しとさまざまな野花がひっそり、ダイナミックにディスプレイされていて、シックで深い味わいがあった。こんな作業場で働いてみたいものです。

私は店先に値札もなく転がっていたカラスウリを求めました。これを和のクリスマスオーナメントにしてみようと思うの。どうなるかな?
d0264762_11495419.jpg

街に出ると必ず何かしらインスパイアされることに出会うから楽しいし勉強になるね。

[PR]
by yukodododo | 2012-11-22 12:13 | 植物

結子(Yuiko)ちゃん

同じマンションに住む仲良しご夫婦にかわいい女の子が生まれ、今日早速会いに行く。
赤ちゃんってあんなに小さいのにすごいエネルギーでいっぱい。
もうにこにこ笑ったりして、本当にかわいかった。

ここのご主人、去年のはじめまでこのマンションに一人で住んでいて、
何度かうちに一人で遊びに来ては「誰かいい人いないかなあ」とか言っていたのに、
あれよという間に素敵なワイフを見つけ、あれよあれよという間にパパになったという幸せ者。
人は1年あれば結婚したり子供もできたりするのですから、いやはや人生って分からんものです。

かわいい結子ちゃんにauntie yukoは姫座布団を縫いましたよ。
d0264762_18582317.jpg

VIVA!よくぞ女に生まれけり!って益永さんじゃないけど、女の人生もなかなか面白いよ。
健やかで幸せなことがたくさんある楽しい人生を!

[PR]
by yukodododo | 2012-11-21 19:00

男友達

シカゴから仲良し家族が一時帰国してたけど、おととい帰っちゃった。
ここの家族の亭主が私と10年来の友達で、お互い結婚して家族ぐるみで仲良くしてる。

彼は日本語も上手だし、私も多少の英語は分かるけれど、それでも全然実は話が通じてないんだねってことがよくある。
だけど私の数少ない大切な男友達の一人。

楽しく話す男友達はたくさん?いるけれど、「友達」となるとそう多くもいないのね~。
もっとも男友達に限らず女友達だってそういう風に言ってしまえばそう多くもいないんだけど。

どこからが友達でどこからがそうでないとか、男と女の友情は成立するか否かとかそういうのはまあどうでもよくて、
自分がそう思うからそうなんだということにつきます。

従いまして、自分が友達と思っている人も自分のことを友達と思ってくれているかどうか分かりません。
だけどそういうのもどうでもよろしい。

話を戻しますと、このシカゴから来たファミリーの亭主だけ、仕事の都合上うちに1週間泊まっていました。
久しぶりにたくさんいろんなことを話せて、本当に楽しかった。

最後の日は夫と3人で箱根の温泉に行った。
そこの畳の休憩処みたいなところで3人川の字で寝てたら、いびきの激しい人が友達の隣に寝ていた。

帰りの車内で、「あの人いびきうるさかったねえ」と言ったら、挙句の果てにはおならまでしていたらしい。
そこからおなら談義で大盛り上がり。小田原から川崎までおならの話しだけをしていたといっても過言ではない。
古今東西、3人ともおならネタをこんなにも持っていたとは!我々は類友か?!
d0264762_17232225.jpg

また世界のどこかで次に会える日まで私もがんばらんにゃあなるまい。
友よ、また会おう。

[PR]
by yukodododo | 2012-11-21 17:25

売れ残り品

今朝ご注文いただいている寄せ植えを作った後、昨日のマルシェの売れ残リ品(響きが悪い)で寄せ植えを作リ始める。
売れ残ったハーブをかごに寄せ植え。タイトル「鳥の巣」
d0264762_1735037.jpg

今回仕入れたゼラニウムは極上品。カリオペ。赤の色が鮮やかで、これはマルシェが終わった後、暗闇でワゴンに乗せて歩いていても売れたという人気商品でした。
d0264762_17423334.jpg

d0264762_17425332.jpg

今回はラベンダーがひとつも売れなかった。あたし読み違えた。商売って難しいわん。
だけどこれまた極上品のセンティヴィア。
とっても香りも状態もよかったんだけどな~。ちゅうことで寄せ植えたとです。
d0264762_1746579.jpg

後は同じマンションの素敵な奥様から、「適当に5苗くらいお取り置きしてて」と電話で頼まれる。「何色系がいい?」と聞くと「任す」と見事な丸投げ。彼女の抜け感に癒される今日この頃。ひとまず箱にいれてみる。
d0264762_17485610.jpg
やっぱビオラはきりっと辛くブラックオパールで、だけどアリッサムは濃ゆいピンクで大人の甘さを表現したい、そんなお年頃のあたくし。タイトル「ビタースイート」
d0264762_17492348.jpg
こんな可憐な色のシクラメンもよかね~。またこういうイメージの奥さんやもん。
d0264762_17493853.jpg
限りなく白に近い、うすーいピンクのビオラにパンダスミレ。この5株で勝負に出てみるか。
d0264762_1749571.jpg

夕方はお世話をさせていただいている病院の花壇の模様替え。好きなようにやらせていただいて楽しいです。夏の花がだいぶ汚くなっていたので抜いていたら、知らないおじいちゃんに「まだ咲いてるのにかわいそうじゃない、頼むから最後まで生かしてあげてよ」と声を裏がえらせながら言われる。

なんかこのおじいちゃんを引っこ抜いちゃったような罪悪感にさいなまれる。
だけどじいさん、病院に枯れかけた花はいかんだろと思い直し、潔く処分した。
かつてイギリスだったかどこかの園芸家が、「もったいない精神とセンチメンタリズムは庭の景観を崩す」と言っていたけどあたしもそっち派。すまないじいさん。

朝から日が暮れるまであちこちで植物いじり。幸せな一日。感謝。

[PR]
by yukodododo | 2012-11-14 18:40 | 植物

flower marche@Cafe Denim

昨日は一日限りのフラワーマルシェをカフェデニムにて開催させていただきました。
恭子さん、さかいさかえさん、どうもありがとうございました。

どうしたってぎりぎりまで準備をしない私は、前日の夜から慌てだします。
加代子さん、遅くまでお手伝いしてくださってありがとうございました。
そしてやっぱり夜に弱い私は準備が終わらないのに寝てしまうのでした。
こういう習性は子供の頃から変わりませんな。目途もつかないのに寝てしまうのです。

なので朝5時ころからごそごそ用意し始めます。
川崎の夜明け。
d0264762_6193338.jpg

夫と二人、家からカフェへと荷物の運搬、何往復したことでしょうか。仕事前にげんちゃん、すまない。
彼は最後までマルシェの店番を一人でやる私のトイレの心配をえらいしてた。
え、げんちゃん、そこ心配?

果たしてマルシェオープン!今回はなんとなくクリスマスを意識したセレクションにしてみました。
d0264762_629883.jpg

器で植物の見栄えはずいぶん変わるので、植木鉢もたくさん用意しました。
d0264762_6294928.jpg

冬の寒さに強いお花たち。
d0264762_6311840.jpg

d0264762_6315285.jpg

お好きな苗をお好きな鉢で、その場でオーダーメードの寄せ植えも作りました。
最後のお客様は男性で、今夜デートする彼女に寄せ植えのオーダー。
川崎にもこんな男の人がいたのね!と感激します。

その男性を囲み、その場にいた人たちでどの鉢にするかどの花にするのかみんなでしゃがみこんで考えます。
男の人の好きな色合いと女性のぐっとくる色合いって微妙に違うんだねって思いました。
ほら、よく男の人って赤いバラの花束とかどさっとくれませんでした?その予算があったら、もっと素敵な洗練された花束買えるのにって若いころいつも思ってました。

で、こさえたのはこんなクリスマス風な寄せ植え。クリスマスはやっぱりロマンチックなのでした。
彼女に喜んでもらえたのでしょうか????
d0264762_6361384.jpg

遠くから電車を乗り継ぎ来てくれた旧友、仕事の後に駆けつけてくれた友達、開店と同時に自転車でどあ~って駆けつけてくれた地元の友達たち、いつも優しい近所のおばちゃんたち、新しく出会った人々、ほんとありがたかったです。みなさん、どうもありがとうございました。

とても楽しかったし、勉強や宿題も多い一日でした。
[PR]
by yukodododo | 2012-11-14 06:57 | 植物


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちいさな口約束
at 2015-08-17 19:08
紐育リポート②
at 2015-07-30 18:11
紐育レポート①
at 2015-07-29 12:52
色気のある人
at 2015-04-28 12:20
自転車操業?!
at 2015-04-27 18:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧