「ほっ」と。キャンペーン

落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『冬の贈りもの』展 開催中

『冬の贈りもの』展、本日15時から17時頃まではg もyもおります。

お忙しい中時間を作って来て下さってどうもありがとうございます。

乳飲み子を抱え、電車を乗り継ぎ乗り継ぎやってきてくれた人、子供が学校に行っている間に川崎から駆け付けてくれた友達たち、お友達を引き連れて来て下さった「友達のお母様」(私のブログの2012年8月20日の”anniversary”などに登場されたあのお母様です)、仕事帰りに妹と一緒に来てくれた人・・・などなど、たくさんの人たちが出入りするギャラリーで、知っている顔に会えるのはこんなに嬉しいものなのかと思いました。ありがとう!

初日の夜のオープニングパーティの様子。
d0264762_7594455.jpg
ソムリエの方がチョイスされたワインを片手に、ヴィオラ・ダ・ガンバの演奏に朗読のミニコンサートがこじんまりとアットホームに行われました。
d0264762_814735.jpg

何の朗読かな?と楽しみにしていましたら、宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」で、その他「注文の多い料理店」の前書きをご挨拶として読んでくれました。

朗読をした友達が、全くいつもの私達が知っている友達と別人のようであったことに腰を抜かしそうになるほど驚きました。
一言ひとこと丁寧に感情を吹き込んで、ゆったりとした別空間にまんまといざなわれました。この年齢になった今こそ、宮沢賢治をゆっくり読んでみたいなあと思いました。

たくさんの人の行き交うギャラリーでは、アートを生業にしている人やアートが生活の延長線上にある方がたくさんいらっしゃるんですね。
そんな中でたくさんの刺激や発見があり、それだけでもこのグループ展に参加させていただいてよかったなあと感謝しています。
そして客観的に自分たちを見てみると、稚拙でなんだかなあと苦笑しちゃうんですけれど、こういう気持ちもきちんと受け止めて、自分達らしく自分たちの道を歩いて行こうねと思うのでした。

申し訳ないことに私たちは不在ですが、冬の贈りもの展は25日(月)まで続きます。
週末に吉祥寺散策のついでに遊びに来て下さい。吉祥寺は今ちょうど「糸モノまつり」もやっています。

明日からフランスに行ってきます。
グループ展の準備で全く旅の用意ができておらず、一体誰が明日からフランスに行くの?という感じですが・・・。
d0264762_86589.jpg

[PR]
by yukodododo | 2013-11-22 08:06

いよいよ明日から!『冬の贈りもの』展

明日からグループ展 『冬の贈りもの』 がはじまります。

クイズ:「終わらないものな~に?」
答え:「準備」

嗚呼、終わらない、終わらない。でも終わらせなくちゃ。

和小物&リースということで、どんなものを用意しているか、ごくごく一部商品をちらみせ。
d0264762_1001250.jpg
これからやってくるホリデイシーズンに合わせ、クリスマスやお正月商品をご用意しております。
手作り品につき、ひとつとして同じものがございません。
d0264762_1005124.jpg

明日は朝から晩のオープニングパーティまでg もyもおります。
よかったら遊びに来て下さい。
お待ちしております。

[PR]
by yukodododo | 2013-11-19 10:03

どうしたらいいのだろうか

どういうわけか、年に数回、私は横田めぐみさんのお母様とすれ違うことがあります。
たいていは、川崎駅を出た、人が行き交う雑踏の中、夕方やや遅めの時間です。

いつもきれいにしてらっしゃるんだけど、独特の深い悲しみをたたえた瞳が印象的です。
それがいつも雑踏の中で浮き立って、彼女の周りだけ独特の空気が流れている感じがします。
これが夕暮れ時だったり、雑踏の中だったりするから余計寂しく見えるのかもしれないけれど、それにしてもああいう瞳の人ってあまり見たことがありません。
こういう例えが適切かどうか分からないけれど、私はその表情を見る度に、戦場カメラマンが撮る戦地の人々の写真を思い出します。

いつもは駅の雑踏ですれ違うのに、数日前、私がふらりと夕方にユニクロに行ったら、
ユニクロでお買い物をされた横田めぐみさんのお母様とすれ違いました。

ユニクロっていうと、ユニクロファンじゃなくても、多分日本人なら誰もが1つや2つ何かを自分か家族の日常着に買ったりすると思うんだけど、
ユニクロの袋を持った横田めぐみさんのお母様にも当然だけど日々の生活があるんだということ、だけど止まっている時間(止まらされている時間)もあって、その対比が、ユニクロの袋が、妙に悲しかった。

数日たってもそのお顔が頭から消えなくて、「めぐみさん、早く帰ってくるといいですね」だなんてそんな野暮なことを言うことなどもちろんできず、
だからといってあたしが北朝鮮に行って連れて帰ってきてあげることもできず、
ただただ無事を祈りながら、1日も早くその腕に抱きしめることができる日がくるように、どうぞご両親もお元気でと思いながら、黙ってすれ違うことしかいつもできません。

とても善良そうな方たちなのに、どうして人生ってこういうことがあるんだろう。

[PR]
by yukodododo | 2013-11-14 16:33

あと9日っ!

ひやあ。
『冬の贈りもの展』まで時間がない。

昨日、全体的な予定表を作り、ああ、もう時間がないやん!と夫と二人不思議な面持ちで見つめ合う。

「あ、こういうときは、絶対にあせっちゃいかんよね。」 
「そうそう。」と、うすら笑う二人。

かくして本日朝の5時半くらいからくるみボタンを検品し、数を数える。
あたし夜は苦手だけど、わりかし朝はすっと起きれます。

こういう作業は、声を出して数えないと、だいたい60個目くらいから「61,62、63、63、63、・・・あれ?今何個目やったっけ?」と言うことになります。
あほあほ。
くるみボタンにたまたまついていた水色の糸が、坊やの鼻から鼻水のように垂れている・・・。
意図せぬハプニングに早朝、ひとりでにやける。早起きは三文の徳です。
d0264762_18484430.jpg

家の中も着物とか雑貨で足の踏み場なし。
d0264762_18481064.jpg

「ゆーこー、手伝うよ~」と、友達が手伝いに来てくれる。
ももよ~、本当にありがとう。いつかバイト代を出せるような女になるまで待ってておくれ。

さて、夜ご飯作ったし、これからやるぜ。

[PR]
by yukodododo | 2013-11-11 18:54

戸田奈津子さんに逢いに行きました。

おととい映画字幕翻訳家・通訳である戸田奈津子さんのお話を聞きに出掛けました。
彼女が字幕翻訳を手掛けた映画 『CHICAGO』の上映と講演の計3時間でした。

字幕翻訳って狭き門とはなんとなく知っていたものの、戸田さん曰く、日本にはだいたい10人も字幕翻訳者がいれば事足りる業界だそうで(日英の翻訳)、非常に入れ替わりの少ない業界であること、
その中でも字幕翻訳だけで3食食べていけるという人は半分いないという現状や、
ひとつの映画の翻訳には大抵1週間くらいしか時間をもらえないこと、1人きりで翻訳するしかないこと(複数で手分けしてやると、それぞれの感性が微妙に異なるので、一人の感性で翻訳を完成させなくてはならないこと)、などなど、字幕翻訳の現状のお話しや、

そもそも彼女がどのようにして字幕翻訳の仕事に就けるようになったのか、(本格的な字幕人生のオープニングを飾ってくれた大恩人は、なんとあのフランシス・コッポラ監督だそう。『地獄の黙示録』で、彼が日本に寄ってからロケ地のフィリピンへ行く際、戸田さんがガイド兼通訳を務め、そのご縁で監督の推薦で無名だった戸田さんに突然チャンスがやってきたというお話し)などなど。
その後のご活躍は現在に至ります。

戸田さんの人生そのものが映画のようじゃあありませんか。

つい先日の東京映画祭での裏話しや、親交の深い名優の数々のエピソードなど(リチャード・ギア、トム・クルーズ、トム・ハンクス、リチャード・コッポラ、ロバート・デニーロなど)のお話し、
立派な俳優であればあるほどみんな謙虚で努力家であること、俳優である前に人間として群を抜いて素晴らしいこと、反対に1本や2本、多少顔のつくりが良くて売れて天狗になっちゃった人は『絶対に』だめになってしまうことなど、楽しいお話しの数々に、つい時間を忘れるほどでした。

まあでも結局は戸田さんのお人柄だろうなあと思います。
優秀だからとか向き不向きもあると思うけれど、それ以上のものを、じかにお目にかかって感じました。

そこいくと先日の徹子さんにしても、戸田さんにしても、御年80歳前後でこれだけ精力的にご活躍されているのは驚きというか、もうミステリーの域です。ホラーといってもいいかもしれん。
お二人とも心から楽しそうにキラキラされていて、人のことも幸せにしている感が溢れていました。
人が人に通わすものって目に見えないけれど、なんて大きいんだろうと思いました。

『冬の贈りもの展』の準備も追い上げなくてはいけない時期だけど、やっぱり戸田さんに逢いに行って良かったと思いました。
そして映画館でもっと映画を観ようとしみじみ思いました。

[PR]
by yukodododo | 2013-11-07 10:03

Go Green Market

またまた行ってきました、Go Green Market!
たくさんの植物が生きているお庭の中でのマーケットってのがすごくよい。
秋の草花を楽しみながら、あっちへふらふら、こっちへふらふら。

草木染めのひも。自然の生み出す色って、優しくて美しい。
d0264762_7453380.jpg
あったかそうだね。どれがいい?
d0264762_7461582.jpg
アンティークの手芸品はおいてあるだけで絵になるねえ。
d0264762_7465182.jpg
日常品も。
d0264762_7472257.jpg
もうすぐクリスマスだね。
d0264762_7532319.jpg
d0264762_7535220.jpg
d0264762_754431.jpg
このツリーにひとめぼれ。作った方の思い入れがたくさん詰まっていて、そういうエピソードと気持ちも一緒に連れて帰ってきちゃったさ。
d0264762_7545018.jpg
バッタリげんたの旧友に会う。というか、このご夫婦、素敵なお店を出店されていました。
彼がシカゴに駐在していたときの友達だから、すご~くすご~く久しぶりの再会。びっくり!
近日中の再会を約束する。
d0264762_81138.jpg
シャンデリアもこんな風に売ってる後ろで、メキシカンセージが満開。
d0264762_82085.jpg
流れ星がたくさん落ちたように見えたよ。
d0264762_824075.jpg
本物のロバが、園内をのんびり歩き回りながらドライフラワーの行商してた。
d0264762_833748.jpg
彼らは本物じゃないと思うけど・・・
d0264762_842382.jpg
秋の庭もいいなと思った。
d0264762_852159.jpg
d0264762_855011.jpg
まだ千日紅も咲いてた。
d0264762_863791.jpg
リンゴも!
d0264762_871773.jpg

[PR]
by yukodododo | 2013-11-03 08:20 | 植物


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちいさな口約束
at 2015-08-17 19:08
紐育リポート②
at 2015-07-30 18:11
紐育レポート①
at 2015-07-29 12:52
色気のある人
at 2015-04-28 12:20
自転車操業?!
at 2015-04-27 18:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧