「ほっ」と。キャンペーン

落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

月に一度の映画の日

もう少し安くてもいいんじゃないかと思うものが世の中にはいろいろあるけれど、そのひとつが映画です。
日本で映画を普通にみると、大人1人1800円もします。
世界水準からしてもかなり高額だよね。
日本で映画はもはや大衆娯楽ではなくなったよなあ。

だって例えば夫婦二人で普通にふらっと映画に行くと3600円。
もはや「ふらっと」ではないよなあ。少なくともうちにとっては。
とはいえ、いい映画ってプライスレスなものだし、でもうっかりつまらない映画だったりすると、げ、3600円あったら美味しいもの食べれたよなあとか思っちゃう。

そんなちまちました話を書いている私ですが、今年は毎月1回は映画館に映画を観に行こうと決めています。
レディースデイなどの安い日に、好きな紅茶やコーヒーを丁寧に煎れたのを持って、一人でふらっと観に行くの。

うちの田舎の義母は、毎月一回映画館に映画を観に行くことにしているようで、
彼女の家の壁掛けカレンダーに、「生協」とかそういう用事と並んで「映画」と大きく書いてあるのを見て、なんかいいなあと思って真似することにした。

昨日は私の苦手な街、渋谷のBunkamuraへ朝から出掛けました。
ここのところ母の看病で生活のリズムが崩れて来て、ああ、これはいかん!と映画にバランスを求めたのでした。
ミニシアターで小さいからか一瞬にして満席。オンライン予約って本当に便利だねえ。
いろんな人が朝からこんなに映画を観に来てるのねえと周りをゆっくり見渡して、隣に座った老夫婦の会話をなんとなく聞くとはなしに聞いて心が和む。

ちなみに観た映画は、邦題が「はじまりは5つ星ホテルから」というイタリアの映画。なんか違う訳はなかったのかなあ。
これは5つ星ホテルのサービスを抜き打ち調査する「覆面調査員」が主人公のストーリーで、想像以上にその内容はつまらなかったんだけど(なんならもう少しあたしがどうにかしたかった)、
私も10年近くホテルで働いていて、このいわゆる「覆面調査員」に少なからず関わっていたことや、たくさんの国の5つ星ホテルでの撮影がされているというので、その映像を是非見たかったのね。

昔のことをたくさん思い出して、ああ、あの仕事は楽しかったなあと余韻に耽りながら、また母の病院へ向かう。
一番懐かしく思い出されたのは、旅先なんかですごく素敵なホテルを見たりすると、「ここに泊まりたいなあ」というのではなくて、「ここで働きたいなあ」と強く強く思っていたこと。

たくさんの人がいろんなところからやってきて、いろんなドラマがあるのです。
いいホテルになればなるほど、お客様を緊張させないものなんだよと教わったけれど、ああ、今の年齢だったら私はどんな接客ができたのかなあ?と妄想します。

映画館で一人で映画を観ると、確実に異空間に飛べるね。
バランス、バランス。

今朝、白いヒアシンスの1つが満開に。
純白で美しい香りがして、この時期ならではのほんの数日の贅沢です。
d0264762_1025967.jpg
今日もいいお天気で本当に嬉しい。

[PR]
by yukodododo | 2014-02-26 10:14

どんな日も花は咲く

今朝早くに母が入院しまして。

命にかかわるような大事なことではないので、まあ大丈夫なんですけれど。
またこれからちょっと病院に行ってこようかなと思いまーす。

そんな日も花は咲いている。
真っ白のヒヤシンス。3つ同時に球根を植えても、早く開花する人もいればのんびり開花する人もいる。
自分のペースで自分らしく咲けばよかよ。
d0264762_13143548.jpg

八重のストックがまた一段モリモリしてきた。
d0264762_13161197.jpg

母もモリモリになれーと願う娘。


[PR]
by yukodododo | 2014-02-21 13:19 | 植物

大人のチューリップ

昨日、旧友とランチに待ち合わせたブラッスリーに行く途中で出逢ったチューリップ。
一目で恋に落ち、お誕生日を迎えたばかりの仲良しに迷わず買う。
彼女も一目見てやられてた。かよちゃん、絶対あなたも好きだと思ったとよ。

どんなチューリップかと言うと、ちゃんとうまく写真が撮れなくて、
からし色に茶色のような色味が混ざり、アンティーク調のなんともいえぬ「大人のチューリップ」なのでした。

ここのところ調子が芳しくない母の慰めになればと、毎週必ず素敵なお花を持っていくようにしてるんだけど、思わず、昨日のからし色のチューリップを再度買いに行く。
これがそれ。この花本来の色味がうまく撮れず無念じゃー。
d0264762_19315986.jpg

先週持って行ったアネモネもまだ咲いてた。
d0264762_1933490.jpg
もう一回トライするも、やっぱり上手に撮れんかった。あ~あ。
d0264762_1935755.jpg

「大人のチューリップ」といえば、シカゴのミシガンアベニューを思い出します。
私にとっては、もはや衝撃といってもいいかもしれない光景でした。
日本人であれば、咲いた咲いたチューリップの花が・・・赤白黄色♪と、そんな恐ろしい国家教育の呪縛に陥りそうなところを、よその国ではこんな風に咲いていた。
d0264762_193827100.jpg

こんな三色づかい、日本人にはなかなかできますまい。
しかもバス停のところの植え込みですよ。川崎市バスでは考えられない。
写真では分からないかもしれないけれど、薄くて淡いピンク色がこの中に混ざっているのがあたしにゃたまらん。
d0264762_1939149.jpg

公共の花壇のセンスの違いをまざまざと感じさせられます。
d0264762_19393040.jpg
いろんな国の花壇や街並みの視察団になっていろいろ見て勉強して、毎日生活する自分たちの街をぐっと素敵にしたいです。

[PR]
by yukodododo | 2014-02-19 20:22 | 植物

white valentine's day

バレンタインデイだけどホワイトデイな本日。
d0264762_1832635.jpg
今日は仲良しのうちで友チョコ交換座談会。
人生はチョコレートのように甘くて美味しいことばかりではないけれど、
それすらも笑い飛ばして包み隠さず話してくれる友達の愛しさよ。

みんながんばって生きている。
あたしもがんばらんと。
そんな友達にハートのサシェを贈る。いつもありがとう。
d0264762_1835385.jpg

あたしの作るハートはいびつ。
d0264762_1844131.jpg
d0264762_1851265.jpg

ヨーガンレールさんとこのクッキーを用意して、夫の帰りを待ちわびる。
d0264762_1854161.jpg
Happy Valentine!

[PR]
by yukodododo | 2014-02-14 18:15

香りのお供え

お世話になっている方のお母様が亡くなって、ラベンダーの香りがお好きだったそうで、
ラベンダーのドライフラワーをお供えしたいのと相談されました。
もちろんなんとかしたい。

今は品のいい香りのお線香もたくさん販売されていて、私も法事やお悔やみの席によく持っていきます。
余談ですが、香りの善し悪しというのは、値段に比例するなあと思いませんか?
安いと安い(人工的な)香りがする。安くてもいいものって世の中にはたくさんあるけれど、香りってちょっと異質な気がするのは私だけでしょうか?

ラベンダーが好きで何種類かのラベンダーを育てているけれど、今の時期にうちで花を咲かせているラベンダーは1種類しかなく、
このレースラベンダーというラベンダーを摘む。みなさま、ラベンダーはシソ科の植物です。
d0264762_1112749.jpg

ドライにしたラベンダーでサシェも作ってみました。
d0264762_11344151.jpg
お母様のお写真の横に飾って下さるそうです。
d0264762_11152672.jpg

それを見ていたあるお姉さんが、「あたしが死んだときには、素敵なリースの花輪をお願いしたい」と言われました。おねいさん・・・。

カラフルな色あわせも好きだけど、こういう「色のない世界」というのも好き。
d0264762_11233257.jpg

玄関にユーカリの葉っぱが落ちていたので封筒に貼ってみた。
d0264762_1125297.jpg

サシェを作っていると、リビングいっぱいにいい香りが広がって癒されます。

言い方悪いけど、70リットルの大きなゴミ袋(もちろん新品のゴミ袋よ)いっぱいにドライのラベンダーがありますので、またみんなでサシェ作りましょうか。

寒い冬の『農閑期』の手仕事。温かいお茶と他愛ないおしゃべりしながらね。


お母様のご冥福をお祈りいたします。

[PR]
by yukodododo | 2014-02-13 12:10 | 植物

雪と花壇

寒い。

みなさんお元気ですか。

関西へ旅する予定だった日に記録的な大雪が降りました。
さすが大殺界。

珍しく(本当に)、旅に出る前から大阪や京都、そして今回は奈良と、自分たちが行きたいところをリストアップして、
受験生やじいさんに混ざって図書館の学習室で本を積み上げて、地図を広げてあれこれ計画していた。
見てみたいお店やポリシーのあるお店を訪ねる旅を企てとったとよ。

まあ、また季節の良い時に行けばいいだけのことで、そのうち仕切り直せばよい。

そんなこんなで雪の花壇。ほぼ完全に植物は雪の下。
d0264762_10504131.jpg

d0264762_10272298.jpg

こんなとき、無理やり雪をどけようとしないで、自然に任せておけばいいようです。
自然のことは自然にしておく。そのままにしておいて大丈夫。(もちろん耐寒性のある植物はということですが)

外は氷点下の気温でも、積もっている雪の中は地表より暖かくて、植物や土壌を豊かにする虫や微生物も凍ることなく生き続け、雪解けの水分も補給されるということです。
四季咲きのミニバラがきれいに咲いている。健気だなあ、おい。
d0264762_10463392.jpg
数年前、冬のシカゴで知人のお墓参りをしたとき、こんな感じだったねえと2人でしみじみする。

墓碑が雪に埋もれ、探すのが本当に大変だったの。広大な墓地の中は雪で一面真っ白で、もうどうしたって探せないし、なにしろシカゴの冬は寒い。

私があきらめたそのときに、夫が突如、犬のようにここ掘れワンワンとある一画の雪を払い、見事に知人のお墓を探し当てたという嘘のようなことがありました。
本人曰く、なんとなく呼ばれたような気がしたと・・・。
d0264762_10471657.jpg
ストックは強いよ。(「男はつらいよ」風に)
d0264762_10473592.jpg

何はともあれ、寒い時はあたたかく!
長崎名物角煮まんじゅうとかなんやらかんやら蒸す。うまし!
d0264762_10411520.jpg
おーい、寒いけん早く帰ろうよ~。
d0264762_10512234.jpg
気持ちは分かった。
d0264762_10514598.jpg

[PR]
by yukodododo | 2014-02-12 11:09 | 植物

節分

昨日は節分。
突然、仕事帰りの父と駅で待ち合わせ、二人で夜ご飯。
誘ったのは私です。

私の父は、静かで忍耐強くマイペースな人です。
九州男児で言葉は少ないけれど、優しい人と思う。
父に叱られた記憶は、生まれてから2回(小学校低学年のときと、高校生のとき)しかありません。
そんな父といろんな話をした。

そもそも父と話しをするようになったのは、私が結婚をしてからで、
夫が父に何かと話しかけたりして、それを通じて私たち家族は父を深めたようなところがあります。
あとは姪っ子や甥っ子の無邪気な発言や行いも大きく作用している。
それまでは父とは話しらしい話しなんかしたことなかったと思う。

結婚の二次作用?みたいなものってあるよね。
なにも結婚だけに限ったことじゃなくて、人と人との輪が繋がっていくことで、今までより関係が深くなったり、今まで一対一で付き合っていた時には気づかなかったところに目がいってもっとその人のことを好きになったり、思いがけず客観的に自分が見れたり。

でもそれはあくまでも二次作用的なことだから、それを目的としてたわけじゃなくて、そういう気持ちを得ることがある・・・というのが面白いなと思う。
ちょっとややこしいけれど、一言でまとめてしまうと、人と関わることの大切さをなんとなく感じます。

父が話の途中に、「あの人はね、僕が出会った人の中でも一番いい人っていってもいいかもしれん。」と夫のことを言ってくれたのが嬉しかった。そのときの父の表情は今思い出してもぐっときます。

身内ネタでみっともなくてごめんなさい。

[PR]
by yukodododo | 2014-02-04 14:34

お手伝い

いつもお世話になっている「あの」カフェ・デニムさんからのご紹介で
(きょーこさん、いつもありがとうございます)、
ご近所のカフェの玄関周りの緑のお手伝いをさせていただきました。

いただいたお名刺に、白いマーガレットが一輪描かれてあり、一目見て心にピン!ときました。
というわけで、カフェのトレードマークである真っ赤なドアのすぐ横に、マーガレットのみを大きなかごにどさっと植えました。
d0264762_11292051.jpg

今回は、既にお店でお使いの鉢や苗を極力生かしてコーディネートさせていただきました。

寄せ植え4つに、小さな地植えのお庭を作らせて頂いたり、
この鉢をこっちに動かしたらこうなるね、でもこの植物はこっちに置いた方が生育上いいんよねえ・・・などなど、
トータルコーディネートの楽しさと可能性に、わくわくしながらお手伝いさせていただきました。
d0264762_11301582.jpg

ご来店のお客様も、「またここに来るのが楽しみになるわ~」とのお声を掛けていただき、
今後もちゃんと育っていくようにバックアップさせていただかねば・・・と身の引き締まる思いです。
d0264762_11305319.jpg
労働の後に嬉しいサプライズ!
お店手作りの美味しいケーキと紅茶をご馳走になりました。
おいしー!!
こちらの紅茶、私達二人のお気に入り。浸かりたいほど好きです。
d0264762_11311783.jpg
このティーポットカバーの可愛らしいこと!
オーナーさんの手作りだそうです。販売してほしい。
d0264762_1137037.jpg

d0264762_11371833.jpg
どうもありがとうございました。

[PR]
by yukodododo | 2014-02-02 11:51 | 植物


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちいさな口約束
at 2015-08-17 19:08
紐育リポート②
at 2015-07-30 18:11
紐育レポート①
at 2015-07-29 12:52
色気のある人
at 2015-04-28 12:20
自転車操業?!
at 2015-04-27 18:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧