落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

<   2014年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

春のちいさな予告編

お陰様で母が退院し、連日信濃町までお見舞いに行ったり、父の留守番暮らしを気にする生活からほぼ2か月ぶりに解放され、本来の生活に戻ってきました。ご心配をお掛けしました。

それと同時に季節は春に変わり、ガーデニング本番の季節の到来です。
こうなってくると忙しくなるので、母は図らずもいい時期に病に伏し、いい時期に回復してくれたなあ。

花壇の様子が毎日確実に変わってくる今日この頃。
小さなお子さんがいらっしゃるおうちでは、日々お子さんの成長が顕著に感じられる時期ってあると思うんだけど、きっとそれと似ていると思います。
そばでじっと見ていると逞しい生命力を感じます。
そしてこの時期になると、眠っていた虫が続々起きてくる・・・ああ、これだけはガーデニングのつらいところ。
でも虫も生きているわけで。僕らはみんな生きている♪ わけなんだからしょうがないね。

今日から義母が我が家に滞在します。毎年恒例の「春の川崎ご訪問」です。
そろそろ新幹線の駅までお迎えに行きましょうか。

春はやっぱりいいなあ。
春爛漫もいいけれど、その直前に春の予告編をしている庭の隅っこも好き。
小さな若葉とかつぼみとか、見逃しそうなひとつめの花から大きな希望を感じます。
d0264762_12255136.jpg
d0264762_12261372.jpg
馬酔木(あせび/あしび)の低木はこの時期花が咲くんだよね。今年もまた会えて嬉しい。馬がこの葉を食べると酔ったようにふらふらするからこういう名前なんだって。ほんとかな?
d0264762_12263734.jpg


[PR]
by yukodododo | 2014-03-26 13:02 | 植物

イタリアン万歳!

私は、(美味しい)イタリア料理がすごく好きなんだと思います。

その昔イタリアンブームというのがあって、世の中「イタ飯」とか言っちゃって、みんな「ピザはシンプルにマルゲリータでドルチェはティラミスだよね~」とか言ってた。(と思う)
多分そういうバブルの残り香みたいのを感じて、「イタリアン好き」って公言するのはなんとなく嫌だなあと無意識的に思っていたあたし。
でも、私は言っちゃう。美味しいイタリアンって本当に美味しいと思いませんか?
それは何料理だってそうなんだろうけど。

人々が「イタ飯」をせっせとデートで食べていたあの頃、うちの兄がなぜかイタリアで結婚式をして、飛行機嫌いの父以外の家族と、母の友達たち(なんでだ?)とイタリアへ飛びました。
私は旅慣れた国際線のフライトアテンダントをしていた友人と二人、毎日違う安いプチホテルに泊まり、街場のレストランで毎日ティラミスを食べ比べて悦に入ってました。

私達が歩いていると、イタリアの男の人たちに、「Honda!」「Kawasaki!」「Ninja!」と陽気に話しかけられた。彼らの言ってることはなんにも分からなかったけれど、日本のバイクは有名なんだということだけ分かった。
その10数年後、Honda選手がイタリアでは有名になり、私はKawasakiに暮らすようになったわけなんだけど、まだ忍者にはなってないなあ。

余談だけど、一緒にいた友達がとても美しかったので、ぶさいくな私もいろいろ楽しい恩恵にあずかりました。
例えば早朝にふらりと入ったバールで、オーダーもしていないエスプレッソがすっと私達にくる。
お店の人が、「あちらのジェントルマンからです」みたいな。
その主は明らかに私の方を見ずに、友達を見てウィンクし、彼もまたエスプレッソを飲んでいる・・・とか。
朝一番からイタリア男はもうすでにイタリア男だった。

美人って言葉が話せなくても世界どこでも生きていけるんだろうなあと横にいて嫌と言うほど思い知らされました。顔なんか関係ないなんて絶対嘘。ブスのたわごとか勘違いです。
(この数年後、この美しい友達はイタリアに留学しイタリア語も話せるようになります。)

で、話を戻すと、懇意にしているイタリアンがあって、先日仲良しと夜行ったらばお手洗いにこんな張り紙が。
d0264762_18422827.jpg
トイレで大いにときめいたので、その2日後の朝、眠い目をこすって出掛ける。

早起きは三文の徳。

旬の素材を常に産地から仕入れて調理するシェフのお料理は、和だろうが伊だろうが美味しかった。
ほんとにここのシェフたちは気持ちの良い人々で、いつもなんていい仕事をしているんだろうかと心からうらやましく思ってみています。

お店の片隅で販売されていたお野菜も美味しそうでいろいろ買う。
特に感激したのが、この椎茸。
d0264762_1844351.jpg

シェフならどうやって調理しますか?と言う問いに、ソッコウ「蒸しますねえ」と一言。
石づきを取ってせいろで蒸しまして(椎茸の傘っていうの?裏返してほんの少量塩をして蒸すとそこに旨みがたまります)、石づきは一番美味しいところなので捨てずに薄く切ってさっと炒めてください!というアドバイス通り石づきはその日作ったパスタにさっと混ぜてみた。
嗚呼、この石づきの美味しかったこと!!!!!!それを同時に食べた夫と無言で堅い握手を交わしました。
石づきを今までずっと捨てて生きてたあたしはばかちんです。でも美味しい椎茸だったからあんなにも美味しかったんだと思う。

最近はいろいろな産地に出向いて、生産者とお話していろいろ仕入れてくるシェフって珍しくないけれど、そういういろいろなお話を聞きながらいただく朝ごはんは美味しかった。
細胞の隅々にまで栄養が行き渡り、力を感じます。ジャンクフードをバリバリ食べちゃうこともたくさんあるし、ちゃんと料理しない日もたくさんあるけれど、食の大切さを感じる朝でした。美味しいと人は笑顔になる。
d0264762_18524328.jpg
このハマグリと菜の花のお味噌汁は、たとえバケツで出てきても全部飲み干せるほど美味しかった。
春ですね。
d0264762_18544272.jpg
ご馳走さまでした。

[PR]
by yukodododo | 2014-03-24 19:09 |

ミントのおはなし

最近ハーブと仲良くなろうとしています。
できれば「気楽な友達」くらいな感じを所望します。

仲良くなるためには、まず知ることが大切。少しずつ苗を集め始めました。
机上の勉強や資格も必要なんだけど、やっぱり実際に育てて、毎日よおく見たり、匂いをかいだり、どんな花をいつ咲かせるのかを、なにしろ日々じろじろ見て深めていくのがあたくし向き。
ちょうどハーブガーデンのデザインのお仕事もいただいていることだし、遅まきながら勉強をしなくてはなりませぬ。

まずは初心者向きのミントいろいろ。
ペパーミント、パイナップルミント、オーデコロンミント(私はこの香りがとても好き)、スペアミント、アップルミント、ペニーロイヤルミント・・・
d0264762_1291589.jpg

ミントは日本でも「ハッカ(薄荷)」の名称で古くから親しまれ、ある書によると2千年以上前に中国から広まり、10世紀には山菜として平安貴族の食卓をにぎわし、室町時代には薬種として用いられたという記録があるそうな。

それぞれのミントの苗の葉っぱを親指と人差し指の間でこすって、その指を鼻の方にもってくると、同じミントなのに全く違う香りがします。自然界の不思議です。
それぞれどんな花を咲かせるのか楽しみです。去年咲いてたミントの花。かわいいのなんのって、あなた。
d0264762_125199.jpg

ミントは繁殖力旺盛で、ちょっと忘れてる間にびっくりするほど地下茎で増えて交雑してしまうので、それぞれの成長を見たいのであれば離れたところに植えるか、プランターで育てるのがよいです。
さもなければすごいことになってしまうし、他の植物を駆逐しちゃうので要注意です。
人間でもこういう人ときどきいるよなあとぼんやり思う。

夏の暑い時に摘みたてのフレッシュのハーブティを淹れて、冷蔵庫で冷やしておくのもいいだろうね。清涼感が広がりそう。
その他、カモミールや、お料理用にコリアンダー、チャービル、ヒソップなども入手。
今年も白いレースラベンダー買ってしまった。シンプルに紫のレースラベンダーと混ぜて植えるとかわいいの。
d0264762_12133782.jpg
ある川崎のお花サークルでは、今年度はハーブをテーマに活動されるそうで、ハーブガーデンをみなさんで作って、育てて、そのハーブでお料理したり、ハーブティーを飲みながらハーブのお勉強をしたり、そのハーブで何かみんなで作ったり・・・ということをされるそうで、私も講師として参加させていただくことになっています。

ハーブのお料理をされる先生からは、バジルとディルを使いたいので植えてくださいと言われています。
受講者のお口に入るものなので、観賞用であるそのハーブガーデンを、無農薬で育てていくこともひとつのチャレンジです。

さて、どうなりますやら・・・。

[PR]
by yukodododo | 2014-03-20 12:31 | 植物

はじめてのハーブ講座

先週、川崎の農家による、(あ、主催は川崎市の農地課かな?)ハーブ講座に参加してきました。
農家の方と直接お話ができるなんてなかなかないし、エレガントで小指が立っちゃうようなハーブ講座じゃなくて、もっとつっこんだこと、例えばよりよい育て方や、生活に密着したハーブの活用方法を教えてもらいたいなあとか、今後良質のハーブ苗やお野菜なんかも直接買えたりしたらいいなとか思いながら参加しました。

今回のテーマは、フレッシュのハーブが採れないこの時期でもハーブの使い方はいろいろあります!ということで、ハーブのバスボム(3種類。レモングラス・ラベンダー・ゆず)作りと、ハーブティーを飲みながらのハーブ講座で、およそ2時間ほど。

なかなかファンキーな農家さんでした。
神奈川県と『環境保全型農業』の協定を結んでいるそうで、神奈川県のたくさんのレストランに農作物を卸していらっしゃるようです。

講座にはテレビカメラも入りました。
「みなさんの中に、テレビに『どうしても』映ってはまずいという方、いらっしゃいますか?」と厳粛に聞かれる。
ここで挙手したら、私は世間に顔向けできない逃亡者か何かです・・・というような雰囲気になっちゃう。
カメラの嫌いな私は、どうか撮られませんようにと心の中で唱えるしかありませんでした。

まあるくきれいに作ったバスボムも、買い物して、電車やら自転車に乗って家に帰ってきてバッグの中から出てきたのは・・・
d0264762_1875323.jpg
腐ったおにぎりみたいになっているではありませんか!!!!!なんてこった!
固まる前に重いものに潰されて、見るも無残な姿に!

だけど香りは変わらずいいし、お風呂にいれたらきっとシュワ―っととけるはずだよ、ねえ。
夫に「どんなの作ってきたの?」と言われ、見せるとマジでおののいていた。
驚くなかれ、げんたろう。

ということで、今日あたり、このどれかをお風呂に入れて香りを楽しんでみようと思います。
香りはとてもよいのです。ただビジュアルに耐えられないだけ。

ハーブの道は険しい。つづく・・・


[PR]
by yukodododo | 2014-03-17 18:23 | 植物

「こんにちは~、春です。」

昨日、シーンとした図書館の中で、若い男の人が、「こんにちは~、春です!」と大きな声で言っていた。
「ああ、春になるとこういう人が増えるのかねえ・・・」としみじみする。
程なくして再度、「こんにちは~、春です!」と朗らかに大きな声で言うのが聞こえてきた。あちゃーと思う。
そして3回目のそれを聞いた時にふと声の主の方を見てみると、子供に紙芝居を読んでいるお兄さんだった。
なにはともあれ、春が来たのだなあと思いました。

春を前にして、クリスマスローズが只今満開です。
d0264762_12374812.jpg

満開なんだけど、うつむいて静かに咲いているし、そもそも半日蔭や木の下なんかが好きな花なので、自己主張がなく密やかで、日本やイギリスで好まれる感覚がよく分かります。
確か3年前に買った苗。
d0264762_12395643.jpg
これを地植えしたら、今年はこんなに成長していました。
d0264762_12401540.jpg
あたしもこの3年でこのくらい成長したかった。これからの3年に期待か!?

春のリース。
これしきのことで、お部屋がぱあっと明るくなります。色の力って大きいね。
d0264762_12465832.jpg
d0264762_12472096.jpg
どっち向きに飾ることにしようかなあ?右に左にぐるぐる動かす。
d0264762_12475624.jpg
今年の上半期はなぜかハーブのお仕事をいくつかいただいていて、今年はハーブの勉強をしなさいというメッセージかもしれませんなあ。
今月末にラベンダーのイベントをさせていただくので、そろそろ準備を始めます。
よくニュースで成田空港で押収された薬物の映像を見るけど、そんな感じに見えなくもない去年育てたラベンダーたち。
d0264762_1249197.jpg

ティーバッグ(ティーバックと間違えそうで、いつもどきどきしちゃう)の形のサシェを作ってみた。
まじめに作ったんだけど、なんかふざけた感じになっちゃったよ。
d0264762_1251490.jpg

裏がえすと、リンゴはかじられてるの。誰だ!
d0264762_12512420.jpg

壊れた額縁を見つけて、コラージュとかそういうworkshopも面白いかもねとふと思う。
イベント用に看板というか何かを作ってみようかな。
家族写真とか旅のコラージュなんかもいいよね。ふむふむ。
d0264762_12521019.jpg

そうそう、母の具合はだいぶよくなってきました。
メールを下さったり、心配して下さってどうもありがとうございます。
今日もこれから行ってきますよー。

[PR]
by yukodododo | 2014-03-13 13:07 | 植物

いじわるばあさん

身内ネタであれなんですけれど、
あれだけ食べることに貪欲な母が、今、一週間ものを食べることができません。
病室には花を持ち込むことも禁止されています。

24時間点滴をしているので、本を読んだり雑誌を見たりもしんどいようで(雑誌って病人には重くて疲れちゃうみたい)、テレビも大して面白くないしなあという母からのリクエスト。
d0264762_11515621.jpg

決して漫画が好きな人ではないんだけど、なんとなく閃いたらしい。

お見舞いに行って、母がたまたまベッドにいなくても、ベッドの上に「いじわるばあさん」が置いてあると笑えます。なんとなく母らしいなあと。

この一巻、二巻というのとか、色合いとかすごくいいなあと思う。渋いというか、新しいというか。しびれます。
余談ですが、一冊800円もするのよ、あなた。
d0264762_1152382.jpg

ヒヤシンス、全部咲きました。いい香りです。
自然のものからこれだけの芳香を放つなんて驚いちゃうなあ。
d0264762_1153214.jpg


[PR]
by yukodododo | 2014-03-05 11:56

桃の節句

今日は桃の節句。
女の子がいるおうちではきっとお祝いをしたりするのでしょうね。

ちょっとしたデパートやホテルのロビーはお雛様でいっぱいになるこの時期。
女の子の節句は華やかです。
d0264762_1464498.jpg
d0264762_1475925.jpg

今年はなんだかバタバタしていて、自分のうちのお雛様はなんとなく手抜き。
まあそんな年もあるか。
d0264762_1494697.jpg

去年の年末から、
おうちの飾り棚の上に季節の小さな飾り物をしたいから、季節ごとに敷物を作ってくれない?というご注文をいただき、そのお宅の棚の寸法に合わせた敷物を作らせていただいてます。

先月、春らしいものを!というご注文をいただき、このお宅にいる素直ですれてない、かわいい中学生の女の子を思いながらお雛様をイメージして作りました。納品前にうちでシュミレーション。
d0264762_14143366.jpg
裏はこんな感じで。ちょっと水墨画っぽい染物で、着物って面白いです。
d0264762_14145610.jpg
次は梅雨頃お願いするわねと笑顔で言われ、こういうささやかな季節の楽しみ方を教わる思いです。

女の子の着物って本当にかわいい。以前”Yuko bag”で紹介したロンドンのマルコさんも女の子の着物を一番欲しがります。
d0264762_14152147.jpg

実家の母の部屋は、お雛様だらけ。
早く退院できればいいんだけどね。
d0264762_14155371.jpg
d0264762_14173282.jpg

今日は夕方、彼女の主治医からの話しがあるので、父と病院で待ち合わせ。
今日は両親の結婚記念日だからさ、あんまりしんどい話しはしないでね~と娘は密かに願っています。

こんな時の結婚記念日のお祝いは何にしましょうか。

[PR]
by yukodododo | 2014-03-03 14:28


カテゴリ
植物

workshop

以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちいさな口約束
at 2015-08-17 19:08
紐育リポート②
at 2015-07-30 18:11
紐育レポート①
at 2015-07-29 12:52
色気のある人
at 2015-04-28 12:20
自転車操業?!
at 2015-04-27 18:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧