落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

<   2014年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ラベンダーのサシェを作る会、アンコール編

7月2日(水)13:00より、再度Café Yuiさんでラベンダーのサシェを作る会をさせていただくことになりました。
d0264762_10433887.jpg

ご一緒できたら嬉しく思います。

前回ご参加いただいた方から、「ケーキセットが美味しかった!」という複数の声も。
(おーい、サシェはどうだったのかーい?)
ということで、美味しいケーキセットともども、サシェもひとつよろしくお願い致します。

去年、奈良から取り寄せた和雑貨の端切れでサシェを作りました。
d0264762_10392528.jpg

良質な麻100%で、ぱりっと夏らしくて涼やかです。
手紡ぎ、手織りの麻に手染めしたものだそうで、手作業ならではの優しい日本の色合いです。
d0264762_1039521.jpg
今日は貴重な梅雨の晴れ間な空模様。
お洗濯したし、早めに出掛けるとしよう。

[PR]
by yukodododo | 2014-06-26 10:47 | workshop

アナベル

今朝摘みのアナベル。
d0264762_18151424.jpg
まあるいお姿。
d0264762_18153940.jpg
だいたいこれ2~3つ分くらいで、このリースができます。
d0264762_1816161.jpg
もうそろそろ今咲いている紫陽花を収穫して、ドライにしたら、紫陽花のリースを作る会をやろうと思います。
いろいろな紫陽花で色やニュアンスをお楽しみいただけるように、丁寧にドライしたいと思います。

またブログでお知らせしますね。
よろしくお願いします。


[PR]
by yukodododo | 2014-06-25 18:22 | 植物

すもももももももものうち

友達が持って来てくれたすもも。
かわいい。
d0264762_12133517.jpg
果物ってすごくフォトジェニック。
キッチンに置いてるだけで絵になる。
d0264762_1216717.jpg
もも、すももを持ってきてくれてありがとね。

[PR]
by yukodododo | 2014-06-24 12:20 |

「物語が感じられる」ということについて

ある朝 裏庭で雑草を抜いていたら、とっても素敵なものを見つけた。
d0264762_2244866.jpg

しろつめくさの首飾り
d0264762_2235125.jpg

すごくかわいい!!!!(あたしのせいで写真で見るとしょぼいけど、素朴でとてもかわいかったのだよ)

誰が?いつ?どこで作ったの? なんでここに置いたの??????

タイガーマスクの伊達なんとかさん?こびとの靴屋? 知りたい知りたい。

夫は子供じゃないかなあというんだけど、これって子供の技?何歳くらい?
もちろん私に置いて行ったわけではないけれど、お礼を言いたい気持ちでいっぱいになりました。

うまく言えないけれど、
ストーリーというか、「物語が感じられること」って素敵だなあと思う。
自分のする仕事がそういうものでありたいなあと心から思います。
まだまだまーだだけど。

でもストーリーっていうのは発信する人じゃなくて受け取る人が作るものかも。
結局何かを発信しても、受け取る人によって感じ方は違うからね。
この稚拙なブログひとつにしてもね。

だからこそ自分の心に嘘をつかないように仕事したり、人と関わったり、ブログ書いたりしなくちゃいかんね。


[PR]
by yukodododo | 2014-06-19 22:28

留守番生活

毎日毎日見ているものを、遠くから静かに見つめてみる。
d0264762_22264015.jpg

近くからじっと見てみる。
d0264762_2227342.jpg
離れてみると分かることがある。

だけど一緒にいるとすっかりそんなことを忘れて、言いたい放題、やりたい放題しちゃうのはなぜだろうねえ。

[PR]
by yukodododo | 2014-06-18 22:30

ひとり暮らし

今朝早く夫が出張に出まして、今週はあたくし、一人暮らしの留守番女です。

仲良しの60過ぎたお兄さんは一人暮らしで、
「俺は60越えた日から、家の鍵は閉めないで寝るようにしてる」と笑顔で言っていた。
孤独死で腐敗した自分を発見させると悪いからと。始末のいい人です。
そう、彼は始末がいい。ここ何年もくだらない話ししかしないけど、決して人のことを悪く言わない、噂話もしない、過剰な期待を人にしない。いつもにこにこ走ってる。でもがんばりすぎない。加減のいい人と思う。
私と正反対。

最近作り始めた「酵素シロップ」を一日1~2回かき混ぜながら、夫の帰りを待つとするか。
d0264762_13144999.jpg

私が孤独死していないかブログをご覧いただき、「あ、生きてる」と、安否確認をよろしくお願いします。
鍵は閉めて眠ります。

今週は一人暮らしにしかできないことをいろいろやってみようと思います。
にやり。


[PR]
by yukodododo | 2014-06-17 13:21

summer dress

数日前に、すごく肌触りのよい、さらっと軽いサマードレスを買った。

そしたらそのお店のかわいい若い女性の店員さんが、
「この洋服はかわいくないので、お客様にすごく似合うと思いますよ~」と、にこにこ笑いながらお会計をしてくださいました。

この夏このワンピースを着てる私をどこかで見かけたら、労いの言葉をかけてくださると嬉しいです。
d0264762_17534549.jpg



[PR]
by yukodododo | 2014-06-16 17:58

梅雨の晴れ間の朝

朝ふと目が覚めて耳を澄ましてみると、久しぶりに雨が降っていない様子。
よし、公園の紫陽花を見に行こうと思い、帽子をかぶってすぐ出掛ける。

黄色や白の百合の花があちらこちらでちょこちょこ咲いてて、自分が育てたことがない花やあまり興味のないお花だと、ああ、今頃が時期なのかあなんて思うことがよくある。 ゆーこ、まだまだだなあ。
d0264762_14552447.jpg

野菜や果物と一緒で、花も「季節の旬」って今の時代分かりにくいよね。ビニールハウスでいつでも栽培されて年中お店に出てるからね。

あちこちでアガパンサスがぴゆーんと伸びて来てて、もうすぐ咲くぞというポジティブな意思を感じました。
d0264762_1459597.jpg

花が満開に咲いているときはもちろん文句なしにきれいだけど、咲こうとしている様もいい。
そばでじっと見てるとエネルギーを感じます。
もうすぐこれが開いて薄い紫の大きな花が咲きます。
d0264762_15192682.jpg
今は、しろつめくさもたくさん咲いてます。
d0264762_1572986.jpg
花壇だと限られた枠の中でデザインを考えるけど、公園のこういう自然な感じは魅力です。雑草もぼうぼう。
d0264762_1575393.jpg
奥まで歩くとラジオ体操が始まったので飛び入り参加。

ここのところずっと雨が降っていたから、緑もしっとりしていて朝陽を浴びてみずみずしい。
青空に手を伸ばし、ぐるっと体を回すと地面が近くになったり、横の緑が近くなったり、深呼吸も気持ちいい。白いチェリーセージの横で、第二体操までこぴっとやったさ。
d0264762_158536.jpg
木がたくさんあるこのポジションでいつも体操するの。
d0264762_1593030.jpg
帰り道に近所の大好きなおじさんに会う。うれしー。
ごきげんさんで家に帰る。
晴れの朝はいいなあ。


[PR]
by yukodododo | 2014-06-13 15:40 | 植物

再び!江元のおばちゃんのジャム

去年のいつだったかブログに書いたと記憶しているけど、今年も届きました。
江元のおばちゃん、お手製のジャム。
d0264762_184998.jpg

甘さの加減が絶妙で優しくて、いつも優しくしてくれたおばちゃんの笑顔が思い出されます。

冬に送ってくれた「あまおうのジャム」も最高だった。
「ゆうこちゃん、やっぱりイチゴはあまおうが美味しかろ?」
(あまおうは福岡のイチゴだから、博多の人はあまおうびいきです)

お礼にラベンダーのサシェを作って送ったら、
「いや~、ゆうこちゃんどうして分かったと?あなた、おばちゃんと以心伝心よ~(福岡なまりで)。それがね、おばちゃん、あのあとすぐ旅行に行ったとよ。それでゆうこちゃんの香り袋をおばちゃんのパンツやら下着をいれる袋に入れていったとよ。え、あなた、笑いようと?ははは。おかしい?そしたらね、旅館についてカバンあけたらいい匂いがしたとよ~。」

なんていうか、愛がいっぱいな人です。
声聞いただけで幸せな気持ちでいっぱいになります。どうしたらそんな人になれるのかなあ。

朝、外側がぱりっと、内側はもっちり焼けたトーストに、おばちゃんのジャムとクリームチーズを塗って食べる。もう2人でにこにこしちゃう。
美味しいもの作れる人って本当にうらやましい。


[PR]
by yukodododo | 2014-06-12 18:29 |

豆皿と旅の思い出の切っても切れないおはなし

器が好きです。

ダイナミックな大皿も好きだし、小さな豆皿も好き。片口も好きだし、和ものも洋ものも好き。
だからうちの水屋(って今言わないか)というか、食器棚の中は統一性が全くないです。
かつて伊藤まさこさんが「あの人の食器棚」という本を出されて興味深く読みましたけれど、
食器棚ってそのおうちの生活とか性格が出ますね。
うちはぐちゃぐちゃです。混沌としとる。

お皿の整理をしようかと食器棚からいろいろ出す。
豆皿もこうして並べてみると楽しい。←もう掃除じゃないことして遊んでる。片付かないパターン。
d0264762_12582546.jpg
大した料理を作らなくても、豆皿に小さくちょこちょこ盛ってごまかすこと、よくします。はい。

写真を見てお分かりのように、高価なお皿は1枚もありません。ストーリーの感じられるものに惹かれる傾向があります。
例えばこれは落合さんというおばあちゃんの米寿のお祝いか何かのお猪口と思う。鶴と亀でおめでたい。
骨董市で数百円で買いました。
d0264762_13174587.jpg

冬のお鍋のときには、冬野菜の豆皿に薬味をいれたり。
d0264762_136127.jpg
豆皿は旅先で買うことが多くて(手のひらサイズで持って帰りやすいからか?)、これらを手に取ると旅の思い出がよみがえります。
これは倉敷へ行った時。
d0264762_12591315.jpg
佇まいが斬新だとあの頃の私は思ったの。
d0264762_12595770.jpg
夫の姫路への出張について行き、ひとり在来線に揺られ倉敷へ行った私。
土地勘と地図の読めない私は、全く違う方向の電車に乗ってしまい、乗り換え電車の本数の少なさに40分くらいホームで電車を待たなくてはならなかった・・・。
そう考えると東京の電車ってすごい。数分おきに電車くるもんねえ。

あの頃(7年くらい前かな?)夫は姫路に出張することが多くて、私も休みを調整できるときはよくついて行って、一人で倉敷まで足を延ばしたり、姫路やそうそう、神戸の街を歩きました。
一人で川舟にも乗り、
d0264762_137356.jpg
一人で姫路城の天守閣を登り、
d0264762_1372224.jpg
一人で知らない街をレンタサイクルでふ~らふら。
d0264762_137485.jpg
ふらりと入った美術館で、生まれて初めて「自分好みの絵画に出逢う」という忘れられない体験をしました。
これを書くまで忘れていたけれど、とても感激したことを鮮明に思い出しました。
d0264762_1310429.jpg

夫が遅くまで仕事をする日は、ひとりで姫路の銭湯に行ったりして、地元の人の会話を聞くとはなしに聞くのも楽しかった。人々の話す言葉が関西アクセントで、そういうのもいちいち楽しかった。

これは二人で松江に旅したときに出会ったお皿。
出雲に行った時だったから「因幡の白兎」にちなみ、うさぎの絵柄のお皿を買ったのでした。
d0264762_13151629.jpg

ふらりと入ったこの小さなお店がとても好きだったけど、どこだったんだろう?もう分からん。行き当たりばったりの旅の弊害。

「お二階もよかったらどうぞ」と控え目なお姉さんに小さな声で言われて、昔の日本家屋独特の狭い急な木の階段をみしみしっと登りました。2人とも重いから、みしみしっていっとった。
d0264762_13133523.jpg
また行きたいなあ。

梅雨で台所回りの掃除を始めたつもりが、心が松江やら倉敷やら姫路の美術館へ飛んでいってしまったよー。片付けはどうすると~?

[PR]
by yukodododo | 2014-06-11 13:40 |


カテゴリ
植物

workshop

以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちいさな口約束
at 2015-08-17 19:08
紐育リポート②
at 2015-07-30 18:11
紐育レポート①
at 2015-07-29 12:52
色気のある人
at 2015-04-28 12:20
自転車操業?!
at 2015-04-27 18:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧