落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ちいさな旅 倉敷編①

先週末、夫の出張に途中から便乗し、岡山県は倉敷へ2泊3日の旅へ出掛けました。

6年前に行った倉敷よりずっとずっと素敵になっていて、倉敷の人々が街の美観や文化活動に尽力と夢をかけていらっしゃるのがよおおく分かりました。
(実際にたまたま店先で出会った地元の方から、街づくりの構想や活動内容などをじっくり聞かせて頂きました。街づくりに興味のある私には、実に興味深いお話でした。)

ヨーロッパのように、「古い建物を壊さないだけでなく、そこで今も暮らす」というスタイルがとてもいいと思いました。なかなか日本では少ない条例だと思います。

素敵な和食器や民具が、こういう古いおうちには本当にしっくりして、とても居心地がよいのです。
お店の方は、「最近の新しいマンションと違って不便なこともあるけれど、家が呼吸しているのが分かります」とおっしゃいました。ああ、本当だなあとしみじみ思いました。
d0264762_14451710.jpg
古い空き家で若者がたくさんお店を開いてました。
どこもかしこもおしゃれで、自分でも呆れるくらいたくさん写真を撮ってきました。
パン屋さん。
d0264762_1417189.jpg
d0264762_14174651.jpg
大きなピザ窯のあるピッツェリアの中庭。
d0264762_14182756.jpg
この薪でピザを焼くのかなあ?このだいだいの後ろにたくさん薪があるの分かる??
d0264762_14202733.jpg
小豆島ラーメン。
倉敷美観地区店限定の白壁そばは本当に美味しかった!鰆の炙りと出汁が絶妙で、「鰆の本当の旨さを知ってるか?」とメニューにあって「すごく」知りたいと思いました。そして知ってしまった・・・。

写真より薄味で、お出汁というか素材の味がよく出て、西の味と思いました。どこで何を食べても美味しくて、西日本出身の自分の舌をはっきり認識した旅でした。
d0264762_142569.jpg
岡山ジーンズも元気でした。
街のいろいろなところでこのデニムを使ったおしゃれなお店や小物に出会いました。
d0264762_1423243.jpg
デニムのスーツやさんがとっても素敵で、夫はその着心地の良さとかっこよさに唸っていました。

この細い通り道の奥にカフェがあったり、
d0264762_14254762.jpg
蔵を改造した素敵なお店やカフェがたくさん続きます。
d0264762_1427141.jpg
観光地で有名な美観地区。
d0264762_14272733.jpg
のんびり歩いていたら、ふとこんな幸せに出会いました。
d0264762_14281621.jpg
感激屋の夫がびっくりするほど大きな拍手をして、川沿いを歩くみんなも拍手して、「おめでとうございます!」と口ぐちに祝福しました。
船頭さんの舟唄が優しくて、なにもかもが美しくて目頭が熱くなってしまいました。
ヴェネツィアで見たゴンドラの結婚式も物語の中に入ったようで素敵だったけれど、これはもうDNA的なものなのか映画のように美しかったです。

夜の美観地区はライティングされていて、夜風に吹かれながらのんびり食後のお散歩。
d0264762_1553765.jpg
お店からこぼれてくる灯りが優しい。
d0264762_14562711.jpg
長くなりましたけれど、まだ倉敷のレポートは続きます。お付き合いありがとうございました。(続く・・・)

[PR]
by yukodododo | 2014-07-22 15:07 |

今年収穫した紫陽花でリースを作る会

急なお知らせですが、7月24日(木)13時より紫陽花のリースを作る会を自宅にて行います。
もし人数が多い場合、午前の部も設けます。ご相談下さい。
尚、第二弾は、8月6日(水)13時より行います。

今回は、ご近所で花壇を通じて交流のある、おじさま&おばさまの花壇よりいただいた紫陽花を使ってのワークショップなので、参加費は1,000円~(お茶とちいさなおやつのご用意あり)とさせていただきます。

尚、いただいた参加費の一部は、おじさま&おばさまの花壇の運営費に寄付させて頂こうと思っています。
花壇の作業は楽しいですが、一方お天気にも左右され、季節ごとに結構重労働だったりもします。
1年中人知れずやることは多く、皆様はもう10年以上も花壇のボランティア活動をなさっています。

私たちはまだまだあまちゃんですが、同じように花壇を世話する者として、おじさま&おばさまが大切の育てられた紫陽花を、リースというかたちでいろいろな人に楽しんでもらえたら嬉しく思います。

リースの大きさによって値段は異なります。
今回は、アナベルと千日紅を使った、初夏の爽やかなリースでのご提案です。
d0264762_11124520.jpg

a. 中サイズ: 1.000円 (リース枠直径18cmくらい。ドライフラワーをつけた仕上がりは20~25cmくらい)
b. 大サイズ: 1,500円 (リース枠:25cmくらい。仕上がりサイズは30cmほど)

尚、いつものように、私達が育てた秋色あじさいやその他自由に好きなものを使って作っていただくフリースタイルの場合は、

c. 中サイズ(上記と同じ):2,500円
d. 大サイズ(上記と同じ):3,000円
e. 特大サイズ:5,000円 (リース枠50cm、仕上がりサイズ65cmくらい)←マンホールくらいの大きさ(笑)
d0264762_118545.jpg

夏の暑い時期ですが、ご一緒できる方はメール gtoy812@aol.jpでお申込み下さい。
参加ご希望日、人数、作りたいリースのご希望サイズ(上記aからeのいずれか)、お名前とご連絡先(携帯電話等)をお知らせ下さい。追って詳細をお知らせします。
(恐れ入りますが、7月18~21日まではメールチェックができません。予めご了承ください)

よろしくお願いいたします。

[PR]
by yukodododo | 2014-07-17 11:20 | workshop

暑さ対策?

毎日「高温多湿」と、だましだまし付き合ってます。
でももうだましきれん。暑い。

今年の夏を元気に乗り越えられるように、酵素シロップ作りはまだ続いてます。
今回は沖縄で減農薬で育ったパイナップルと横浜で無農薬で育ったブルーベリーで作りましたよ。
d0264762_115681.jpg
しかし、旬の果物で無農薬のもので、ピンとくる果物に直接出会うのは結構足を使います。
お取り寄せとかすればいいんだろうけど、直接手にして見たいし、香りとか嗅ぎたいタイプ。昭和の夫婦です。
d0264762_11195210.jpg
毎日50回くらいかき混ぜるんだけど、ひじまで無添加の石鹸で洗って、清潔な布できちんと水けを拭いてから混ぜる。とか、手に傷がある場合は反対の手で混ぜる。
d0264762_1154869.jpg
などなど、常在菌を培養するのも大変なのだけど、混ぜてるときの香りが素晴らしいし、なにしろ美味しい!
美味しいもののためにはがんばれる2人。

7月は海外在住チームの帰国が重なったり、ハーブクラフトのワークショップが重なったり、あっちこっちの花壇での紫陽花の収穫とドライ作業で、あっという間に7月も中旬。早いです。これほんの一部です。
d0264762_1164424.jpg
川崎市の日吉出張所での第3回目のハーブ講座では、27名がサシェ作りに参加して下さって、私の父くらいの年齢(とお見受けしますが違うかしら?)の男性も驚くほど上手に縫い物をされました。素晴らしい。

講座終了後に、受講者の皆様が質問や感想などを言いに来て下さったり、アンケートを1枚、1枚どきどきしながら読ませていただきました。
準備など大変なこともあったけれど、いろいろな人さまのご縁で私のような者にこのような経験をさせていただいたことは本当にありがたいことでした。
この講座の最後の会が10月にありますが、そのときにまた参加させていただくことになっています。また受講者の皆様にお目にかかれるのが楽しみです。
1回きりのワークショップもいいけれど、このような連続講座の良さをしみじみ感じます。

豆好きの私の最近のブーム。
好きな料理研究家が美味しいと言っていたので美味しいに違いないと思ってやってみました。

水に一晩浸した大豆を茹でるのではなく、蒸す。
こうするとお豆の甘みがぐっと凝縮されおいひいです。恐らく栄養分も凝縮されてそう。
豆好きにはたまらん。
d0264762_11135627.jpg


[PR]
by yukodododo | 2014-07-16 11:27 |

紫陽花屋敷

台風8号が日本列島で暴れております。
台風がくるとなると、その前後は庭仕事が忙しくなります。

背の高い草木や紫陽花を思いっきりばっさり切り落としたり、鉢物を動かしたり。
道行く人びとが紫陽花下さいとおっしゃいましたので、その方がたにはもちろん、ご近所にも配る。
気前よくあげすぎちゃったかなあ・・・と思い、残りを持って帰ってくると大変なことに!
紫陽花屋敷。
d0264762_19441357.jpg
なんという色合い。
d0264762_1946255.jpg
この黄色のお花、ルドベキアのタカオは1メートル以上も成長していました。
ちえみちゃん、今日持って行ったお花だよ。素敵なおうちに呼んでくれてありがとう。楽しかったよ~。
d0264762_19451389.jpg
アフロのようなアナベル。
d0264762_19524250.jpg
紫陽花の裏側は色がまだ濃ゆい。
d0264762_1955489.jpg
これらの色が美しいうちに、リースのワークショップをやりたいと思います。
クリスマスや秋の頃とは違う、初夏のリースを考えています。
d0264762_2034613.jpg
台風で花壇の植物に大きなダメージがありませんように。
今週はずっと夫が不在なので、夜中にびっくりするような大嵐とか、飛び上がるような大きな雷とかになりませんように。

[PR]
by yukodododo | 2014-07-10 20:13 | 植物

センスを磨く

去年いくつかのイベントや、受付ディスプレイで何かとお世話になった、ナイス住まいの情報館さん。
こんなディスプレイをちょうど去年の今頃納品させていただきました。
d0264762_1322619.jpg
なんだかあの頃私は原因不明の病に倒れ、毎日38度の高熱を出し、そして義理の弟の結婚式のウエルカムボード作ってあげたいんだけど体が言うことを聞かず、裏から見たら目もあてられないひどい出来栄えのものを当日にやっとの思いで渡した覚えがあります。
d0264762_1351899.jpg
使うお花とデザインだけやっとのこと夫に伝えて、そういえば最後は彼が仕上げてくれたんだった。
d0264762_13153517.jpg
そんなナイスさんから、最近は季節毎に店舗に飾る写真や、植物のディスプレイなどのご相談をよく承ります。
これがなかなかどうして勉強になるのです。

例えば、
「7、8月のイメージの植物画像を下さい」と言われる。ベタにひまわりとかルドベキアが浮かんだ私。
ところがそこのセンスのいいスタッフの方は、
「ゆーこさん、ロータス?竹?それともなんでしょうか?」とおっしゃる。
あ、そっち? 間違えてもアサガオとかそういうものではないのでした。

もちろんアサガオやひまわりがいけないわけでは決してないけれど、うまくいえないけど、なんというか、
ちらっとオシャレな人って、なにかが違うんだよなあ。勉強になります。

選ぶお花って、花壇でもブーケでも寄せ植えでもセンスが出るから危ないです。
お散歩中、よそのお宅の花壇や寄せ植えを見ていると、どういう人が住んでいるのか、そしていくつくらいの方がお住まいか、なんとなく想像できる場合が多くないですか?

センスって先天的なものも大いにあるけれど、後から磨くこともできると信じています。
いいものをたくさん見て、なるべく数を多く経験する。
難しいのは、例えばお花選びのセンスをあげたいからといって、お花ばかり見ていてもだめで、お花とは全然関係ないことからインスパイアされることもあったりする。
センスを磨くって壮大な作業でもあるし、等身大の今の自分に出会うことでもあるような。
毎日歯を磨くように、センスも簡単に磨けるといいのにね。
まあいいや。がんばっとけ、ゆーこ

話を戻します。
ナイスさんには3つ提案させていただきました。提案は複数するように心がけています。
さて、どれが採用されたでしょう?

その① 今年の5月にバリ島で見たフランジパニ
d0264762_13103760.jpg

その② 数年前の8月に訪れた平等院鳳凰堂のハスの花
d0264762_13105256.jpg

その③ ベタだけど夏といえば必ず植えるジニア
d0264762_13113889.jpg
これらの写真でポストカードを作ったりして、旅の余韻を楽しんでいます。

[PR]
by yukodododo | 2014-07-03 13:57 | 植物

1年のまんなか

六本木のミッドタウンのDMによりますと、本日7月2日は「1年のまんなか」なんだそうです。
元旦から182日、大みそかまで182日なんだそうですよ。
さて2014年、so far, あなたはどんな風にお過ごしでしょうか?
あたくしは後半戦で巻き上げます!がんばれゆうこ!

そんな1年のまんなか、私はCafé Yuiさんでサシェのワークショップをさせていただいておりました。
今朝、参加して下さるみなさまにブーケガルニというか、小さなハーブのブーケを作りました。
d0264762_2082011.jpg
それぞれお忙しい中お集まりいただき、みなさまどうもありがとうございました。
そしてCafé Yuiさん、先月に続き2回もお世話になりありがとうございました。
いつもケーキが美味しかったです。
d0264762_2084830.jpg


[PR]
by yukodododo | 2014-07-02 20:13 | workshop

紡ぐ

先週末、青山のファーマーズマーケットで出逢ったバラ。
その名もソルファ(「紡ぐ」の意)
d0264762_12482539.jpg
ステムもしっかりしていて、なんというか可憐な色姿とは裏腹にしっかりとした力強さもあって、こういう風に育てられるのってすごいなあって思います。
d0264762_1243845.jpg

長野で、バラをそれはそれは考えられないくらい大切に育てていらっしゃる方の新作なのだそうです。

2人でじーっと見る。
夫が「ひとつください」と言う。
するとそこの素敵なマダムがちいさな声で、「こっそりひとつおまけします」と、チャーミングな笑顔で丁寧に包んで渡して下さいました。

市場やお店屋さんで、人から物を買うのっていいなあと思います。
ネットやスーパーのレジで物を買う便利さも、もちろん今の世の中不可欠なことだけど。

別の花屋さんのストールで、紫陽花を買ってしまう。市場には危険がいっぱい。
d0264762_1249975.jpg
なんという色合い。
d0264762_12494356.jpg
このお花屋さんのおじさん、川崎のマルシェにも毎週いるおじさんでびっくり。
「えー、おじさんじゃん!!」とか言って笑う。

かごやさん。たくさん持っているのに、また買いそうになる。危険だー。
d0264762_1321823.jpg
この日買ったリンゴで、第二作目の酵素シロップを作ったよん。
d0264762_1251096.jpg

しかしこの日の突然の雷雨はすごかった。都内は停電や電車が止まったりしてたみたい。
帰り道の道路は川のようでした。最近こういう現象多いねえ。
d0264762_12571713.jpg


[PR]
by yukodododo | 2014-07-01 13:08 | 植物


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちいさな口約束
at 2015-08-17 19:08
紐育リポート②
at 2015-07-30 18:11
紐育レポート①
at 2015-07-29 12:52
色気のある人
at 2015-04-28 12:20
自転車操業?!
at 2015-04-27 18:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧