落書き帳


日本がもう少し美しくなったらいいなと毎日本気で思ってる私の日々を綴ります
by yukodododo

<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

紐育リポート②

今日はShibuiさんのお話しです。
http://www.shibui.com/

g to y のfacebook pageでもお話ししましたが、Shibuiさんはその名の通り、大変に渋いJapanese Antique Shopをブルックリンでやっていらっしゃいます。
私たちも旅先で偶然出会ったのでした。

日本人のいないこのお店で、こんなに正しく日本の文化を紹介しているこのお店がとても不思議でした。
店内の写真はどこでも撮っていいし、ブログやFBにアップしても構わないと言われていますので、このお店の素敵さをシェアしたいと思います。

ブルックリンブリッジのこんなところにShibuiさんはあります。
d0264762_1723305.jpg
お店に入るといきなり渋い。
この絣の渋さ、端切れの継ぎあてを見て唸りました。こんなの日本でもめちゃくちゃ高額で売ってますけど、この良さが分かるんだあ・・・とパンチをくらいました。
d0264762_1728498.jpg
ここは絣コーナー。行李っていうのかな?入れ物まで正しすぎる。おいおい。
d0264762_17343478.jpg
これ本気で欲しかったもののひとつ。こういう作業台で着物仕事したいです。アトリエの雰囲気づくりはとても大切と思う。仕事の仕上がりが絶対に大きく変わってくると思うから。
d0264762_1735159.jpg
私も染付の器は大好きで、お皿のふちが欠けてるものも決して捨てずキャンドルおいたりしてしまい込まずに使っています。
d0264762_17361573.jpg
帯の色のセレクションが渋すぎる。
d0264762_17375320.jpg
雑然としているようでセンスの光るディスプレイ。わくわくが止まりません。
d0264762_1739347.jpg
ディスプレイひとつでこんなにめんこも渋くなる。
d0264762_17404038.jpg
d0264762_17493189.jpg
わあ、なんだろ。このくすんだ金色の美しいこと!そして下駄。こういう玄関にしてみたいなあ。
d0264762_1741377.jpg
d0264762_17421659.jpg
私たちがたまたま持って行っていたkimono craftをほとんど全部買ってくださいました。本当にうれしかったです。励みになりました。これからはたとえ大勢の人に売れなくても、本当に自分が好きなもの、いいと思うものを作っていこうと心から思いました。
d0264762_17452445.jpg
d0264762_17424467.jpg
とっても素敵なお店なので、NYに行かれることがあれば是非見に行ってください。

日本には日本にしかない美しい文化や歴史があるんだということを、この旅で、アメリカで改めて教わりました。
出会いに感謝。ご縁を大切にしたいです。
[PR]
by yukodododo | 2015-07-30 18:11 |

紐育レポート①

こんにちは。お久しぶりのブログです。

g to y のfacebook pageで少しお話ししましたが、
今年の7月3日から10泊、NYはブルックリンに旅に出ました。

帰ってきて早2週間。
時間が過ぎるのは早くて、あっという間に日常のあれこれで、自分なりに気づきや刺激を受けた旅が遠くへ行ってしまいそうになります。

こうやって旅を振り返るのも大切な旅の一部。
一度読んだ本をまた時間をおいて読み返すのと似ています。
お付き合いいただけそうであればお付き合いください。

さてさて、なにから書こうかな。

NYでの10日間、ホテルから近くのいろいろな公園の芝生の上でストレッチするところから一日を始めていました。
d0264762_12135866.jpg
湿度のないNYの朝は爽やかで、毎日お気に入りの場所を見つけてストレッチ。
d0264762_11592370.jpg
草や大地を感じながらのストレッチは思わず裸足になってしまいます。
d0264762_1213754.jpg
d0264762_12131160.jpg
目の前の木の枝から枝をリスたちが駆け巡り、空を見上げるとたかーい木の上に鳥の巣があって、ドッグランでは犬がわんわん走り回っていて、緑が美しくて、こういう生活は豊かだなあと思いました。

計画性のない私たちは、いつもストレッチしながら、「さて今日はどこにいこうか?」と伸びながら話してました。てきとーな二人です。

この木がかわいくて、この木の下でストレッチをよくしました。
d0264762_12115584.jpg
公園やコミュニティガーデンについてはfacebook pageでも少しお話ししましたが、撮ってきた写真の多くはそういった「緑や街並みと人々」というものが圧倒的に多く、改めて自分がこんなにもこういうことに関心を寄せているのだなあとしみじみ思いました。

この旅の間に夫は、いろいろ行きたいけれど、必ず美術館とミュージカルとジャズは聴きに行きたい!と指を三本立てておりましたので、今回はそのお話しを書きます。

美術館はメトロポリタンとかホィットニーとかグッゲンハイムとかMoMAとかいろいろNYに行ったからにはじっくり訪れたいところだったけれど、
私の独断でThe Morgan Library & Museumという小さなマイナーな美術館へ行きました。
(なぜだか分からないけど、昔から図書館という建物に異様に興味があります。
いつの日かよく行く図書館に、本を読んだりすることができる併設の中庭を、好みの空間にデザインしたいなあと一人でにやにや妄想しています。)

美術館に話を戻しましょう。
ここはあの実業家のJ.Pモルガンの邸宅と図書館を、彼の息子さんが一般公開した美術館です。
モルガン氏のアートコレクションがたくさん展示され、その中でも私の心をつかんだのは中世やルネサンス時代の作家や音楽家たちの直筆書物に原譜、ガリレオの手書き設計図などでした。
フラッシュをたかなければ写真撮影OKでしたので撮ってきました。
d0264762_1218407.jpg
ベートーベンやモーツァルトのオリジナル楽譜などもあって、私は音楽のことも何も分かりませんが、その譜面の書き方にそれぞれの性格が顕著に出るものなんだねえと二人でこそこそ話しました。
ベートーベン
d0264762_12261534.jpg
ストラヴィンスキー
d0264762_12275663.jpg
マーラー
d0264762_12285553.jpg
シューベルト
d0264762_12292432.jpg
モーツァルト
d0264762_12295767.jpg
昔の本の装丁は美しいですよね。日本の昔の本の装丁も古本屋なんかで見かけるとぐっときます。
d0264762_12441646.jpg
お金を持っている人は、私腹を肥やすことだけでなく、下々の私たちのような者にもこういう本物を見せてくださると嬉しいと思いました。

そしてちょうどAlice 150 Year of Wonderland(不思議の国のアリス展 出版150年だそうです!)の特別展もやっていて、こちらもとても楽しくて、もうゆーこ何時間でもいれる!と思いました。
d0264762_123366.jpg
長くなりましたので、また次回へ続きます。
PCが壊れ、新しいものに変えたら写真の向きを調整することができなくなってしまい、お見苦しかったことと思います。ごめんなさい。

読んでくださってどうもありがとうございました。つづく・・・
[PR]
by yukodododo | 2015-07-29 12:52 |


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちいさな口約束
at 2015-08-17 19:08
紐育リポート②
at 2015-07-30 18:11
紐育レポート①
at 2015-07-29 12:52
色気のある人
at 2015-04-28 12:20
自転車操業?!
at 2015-04-27 18:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧